スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前立腺がん(前立腺癌・前立腺ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「心配しないでいいですよ再発・転移前立腺がん 」
米瀬 淳二 (編集), 福井 巌
・内容(「MARC」データベースより)
前立腺がんには、再発とわかったときにも有効な治療法がある! 「難治がん」の治療に取り組む癌研有明病院泌尿器科の医師が、前立腺がんの再発・転移について、最新の内容をやさしく解説。よくある質問にもQ&Aで答えます。


「前立腺がん―治療法の選択のために (順天堂のやさしい医学)」
順天堂大学医学部 (編集)
・内容(「BOOK」データベースより)
前立腺がんはどういう症状なのか、前立腺がんはなぜ男性に多いのか、いろいろある前立腺がんの症状・前立腺がんといわれたときの対処法を第一線の医師たちが、前立腺がんの新しい治療法をくわしく解説!疑問・不安を解決する「質問コーナー」つき。


「中高年男性に増えている前立腺がん―予防から治療まで (メディBOOKシリーズ) 」
伊藤 晴夫 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
前立腺がんの疫学、検査法、治療法は最近、急速に進歩しています。本書ではその基礎から実地診療までを紹介するなかで、最新の知識をできるだけ取り入れるように努めました。また、治療方針の決定や治療法については、患者さんのことを考えてできるだけページを割きました。


「前立腺肥大症・前立腺がん (別冊NHKきょうの健康) 」
松島 正浩
・内容(「MARC」データベースより)
夜中にトイレに起きる、切れが悪いなど「前立腺」の病気が起こす尿トラブルから、病気についての基礎知識、最新の治療法、治療後、日常生活を快適に過ごす対処法までを、図・写真を用いて詳しく解説する。


「よくわかる前立腺の病気 (岩波アクティブ新書)」
高橋 悟 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
年をとると尿が近くなったり,出にくくなる前立腺肥大症.近年日本でも欧米なみに増加しつつあるのに,症状の自覚があまりない前立腺がん.男性特有の器官である前立腺の二大疾患について,最先端の医療に携わる著者が,原因,症状,検査方法とQOLを重視した治療法をわかりやすく解説する.


「前立腺がん (あなたの医学書-名医の言葉で病気を治す) 」
服部 智任 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
日本では、患者の総数も、それによる死亡者数も急激に増加している前立腺がん。前立腺の役割と前立腺がんの全容から、種類と検査法、治療法、前立腺がんに関わる知識までを解説。一流医師による家庭の医学書。


「男の病気を治す本―前立腺肥大・前立腺がん・勃起障害」
丸茂 健 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
近年急増しつつある前立腺肥大、命にかかわることもある前立腺がん、誰にも相談できない勃起障害のつらさ―。でも、大丈夫。解決方法は必ず見つかる!すべての男性の悩みに応える1冊。


「前立腺癌診療Q&A―患者さんの疑問に応えるために 」
村井 勝 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
急増する前立腺癌についてその疫学、診断、治療などすべてに新しい知見を交え、専門医以外の医師にもわかりやすく解説。他臓器の癌に比べて治療が多種多様であるために特に重要となるインフォームドコンセントも取り上げる。


「前立腺癌を克服して―中老年の健康考」
鶴岡 信一 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
75歳で前立腺癌の摘出手術を受けた著者が、手術や処置などの闘病経過、薬物に絡む後遺症に対する医療の対応への問題意識、老いに伴う体力の衰えや不具合にどう立ち向かうかなどを述べる。4人の医師からの言葉も収録。


「たかが、されど『前立腺癌』―ある末期『癌』患者からのメッセージ 」
いがり さぶろう (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
増加傾向にある「前立腺癌」―早期検診・早期発見・早期治療を目指して。闘病ドキュメント。


「前立腺肥大症・がん―50歳を過ぎたら定期検診を (聖路加国際病院健康講座)」
永田 幹男
・内容(「BOOK」データベースより)
日本には少なかった前立腺がんが、いま急増しています。将来、発生率1位のがんになると心配されているほどです。前立腺肥大症も増えています。どちらもこれといった症状はなく、意識して検査を受けないかぎり、早期発見は難しい病気です。オシッコの出が悪いと感じたら、すぐ検査を。


「前立腺癌のすべて―基礎から実地診療まで 」
伊藤 晴夫
・内容(「MARC」データベースより)
頻度が高く、致命的な病気である前立腺癌の基礎と実地診療について詳細に解説。診断法、治療法に加えて実地症例への対応を取り上げる。前立腺癌研究の進歩に合わせて書き直しを行った、99年刊の改訂版。


「前立腺がんで死なないために―治療の多選択肢時代を迎えて」
垣添 忠生 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
男性なら知っておきたい前立腺がんのすべて。夫婦で必読の書!急増中だが、早期発見でき、治療も多様、治すだけでなく、予後の快適な生活も可能ながんの実像に迫る。第一人者で、日本のがん治療の先頭に立つ著者がやさしく解説する。


「日帰り手術で完治する「前立腺肥大症」―前立腺ガンと言われた人へのセカンドオピニオン」
細井 康男 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
仕事が忙しい、体力に自信がない、性機能障害が心配…。その日のうちに退院でき、トイレの悩みもすっかり解消される「TURP(経尿道的前立腺切除術)」を紹介。01年刊「前立腺肥大は日帰り手術で完治する」の改題改訂。


「前立腺がん 切らずに治した-最新「小線源療法〈ブラキセラピー〉」体験記」
本郷 美則 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
手術に比べて体への負担が少なく、しかも手術と同等の効果が期待できる前立腺癌の治療法「ブラキセラピー」を徹底解説。ピンポイントの放射線療法で、男の性と尊厳を保つことができる!


「前立腺癌治療の最先端―切らずに治す高密度焦点式超音波療法」
内田 豊昭 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
わが国でも近年急激に増加している前立腺癌。その治療法の中から、患者さんの生活の質(QOL)を低下させない、より患者さんにやさしい治療法のひとつである、高密度焦点式超音波療法(HIFU)を紹介する。


「泌尿器科・病理前立腺癌取扱い規約」
日本泌尿器科学会, 日本病理学会
・内容(「MARC」データベースより)
全国諸施設の前立腺癌症例に関し、臨床所見、臨床診断、治療方法、および病理学的事項を、一定の基準の下に記載または判定する目的で作成された規約。92年刊に次ぐ第3版。


「前立腺は切らずに治す! 」
鈴木 文夫 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
本書は前立腺肥大症についてわかりやすく解説し、“切らずに治す”最新治療法を紹介。加えて前立腺がんの最新医療技術等も紹介する、健康で快適な毎日を送るための“男のバイブル”である。


「すべてわかる!!前立腺がん・肥大症」
本間 之夫 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
日赤医療センター医師である著者が、前立腺肥大症と前立腺がんについて、症状、対策、治療などを分かりやすく説明。


「がんサポート 2007年 06月号」
・Book Description
特集 前立腺がん総力特集-前立腺がんの最先端放射線治療を比較する、傷が小さく・何度でも治療できる超音波集束療法、技術格差の大きな腹腔鏡下手術は熟練医を選べ、前立腺がんにおける骨転移治療、再燃前立腺がんの最新治療、放射線治療・ホルモン療法後の副作用/[鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談]佐々木康網(埼玉医科大学教授)-分子標的薬の上手な使い方/渡辺亨の医療サポート-膵臓がん&白血病


「フローチャートでわかる!前立腺癌・前立腺肥大症の治療と看護
荒井 陽一
・内容(「BOOK」データベースより)
本書は文字どおり“わかる”ことを念頭に置いて構成した。患者さんが泌尿器科を訪れるとまず問診・検査が行われ、診断が確定される。続いてインフォームド・コンセントを得て治療へと進み、さまざまな治療経過をたどることになる。ナースのみなさんが実際に遭遇するそれぞれの場面を想定して、診療の一連の流れが一目でわかるようにフローチャートを設けた。チャートに沿って読み進むことでさらに理解を深め、またいつでも全体像の理解へと戻れるように配慮した。


「ガンは友だち 」
伊藤 益臣 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
ガンは直ちに死を意味するのか。断じて否である。病の現実を直視し、ガンと向きあう日々にあってこそ、人は得るものがあるのだから。


「前立腺ガンこれだけ知れば恐くない―注目の「ブラキセラピー」からホルモン療法まで世界トップレベルの名医による最新治療ガイド 」
ピーター・D. グリム (編集), Peter D. Grimm (原著), 青木 学 (翻訳), 藤野 邦夫 (翻訳)
・出版社/著者からの内容紹介
注目の「ブラキセラピー」からホルモン療法まで、世界トップレベルの名医による最新治療ガイド!
前立腺ガンの治療法がひとつだけなら、難しい問題はない。しかし現実には、待機療法、外照射療法、ブラキセラピー、摘出手術、ホルモン療法など数多くの治療法があり、それらを組み合わせるケースも多い。とくに、体内に放射線源の入ったカプセルを埋め込んでガンを根治するブラキセラピーは、欧米では大きな効果を上げているにもかかわらず、日本では2003年にようやく認可されたため、患者にとって必要不可欠な情報が不足している。
本書は、アメリカの権威と日本の医師が協力し、前立腺ガンに関する最先端の情報を的確に整理したもので、患者とその家族だけでなく、医療関係者にとって必読の決定版である。


「新編 前立腺肥大症と前立腺がん―安全で確実な自分に合った治療法を選択するために」
新妻 雅治 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
1999年に出版され好評を得た『前立腺肥大症の治療革命』の内容を全面的に一新。前立腺肥大症の手術の98%を日帰りでこなし、わが国のオフィス手術の「草分け的存在」といわれる著者が、肥大症に加え、今回は新たに前立腺がんを加え、前立腺の病気の決定版とした。主な内容は、第1章「最適な治療を選択する時代」、第2章「前立腺肥大症の最新治療」、第3章「前立腺がんとはどういう病気か?」、第4章「前立腺がんの症状」、第5章「前立腺がんの検査と診断」、第6章「前立腺がんの最新治療」、第7章「前立腺がんのステージと転移・再発」ほか。


「専門医が解説する前立腺肥大とガンの最新治療」
細井 康男 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
夜といわず、昼といわずトイレに何回も行かなくてはならない、尿意を感じると我慢ができない、尿がなかなか出ない…、これは、QOL、生活の質という面から考えても、非常にやっかいで不便なことです。最近では、前立腺疾病の原因解明が進むにつれて、原因療法としての新薬も開発されてきています。しかし、症状を完全に治したいと思うなら、経尿道的前立腺全切除術(TUTRP)をお勧めします。この手術を完璧に行えれば、症状が改善されるのはもちろんのこと、遅くとも手術の翌日には退院できるからです。


「前立腺―男なら覚悟したい病気」
平岡 保紀 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
齢を取れば、誰しも罹るおそれのある男だけの病気。前立腺肥大症とは、そういう病気である。前立腺肥大症の罹患率は急上昇し、五十歳で五〇%、六十歳で六〇%、七十歳で七〇%というように、さながら年代=パーセンテージになっているという統計もある。さらに怖いのは、前立腺がんだ。一九七五年ぐらいまでは、日本人男性の罹るがんの中では罹患率、死亡率とも第一〇位だったが、二〇〇四年の統計では、死亡率が第六位まで上昇している。前立腺肥大症、前立腺がん共に原因は食生活の変化など様々だが、まずもって加齢にともなう病気であり、五十歳は検査必須の年齢だ。はて?あなたはいま、何歳になっているのだろうか。


「前立腺肥大症・前立腺がん (よくわかる最新医学)」
主婦の友社 (編集), 澤村 良勝
・出版社/著者からの内容紹介
前立腺肥大症は65歳以上の男性3人に1人見られ、また前立腺がんの患者はこの10年で約2倍にふえている。前立腺がんは初期には自覚症状があまりないので、それだけ定期的な検査が欠かせない。また、前立腺の病気の治療にはさまざまな選択肢があるので、自分に合った治療法を選ぶことが重要である。本書は、男性特有の病気である前立腺肥大症と前立腺がんについて、症状、検査、各種治療法などをわかりやすく解説。主な内容は、第1章「前立腺の働きと前立腺肥大症、前立腺がん」、第2章「前立腺肥大症の気になる症状」、第3章「前立腺肥大症の検査」、第4章「前立腺肥大症を切らずに治す最新治療」、第5章「前立腺がんが増えている」、第6章「前立腺がんの最新治療法」、第7章「その他の前立腺の病気......症状と治療法」、第8章「前立腺肥大症と日常生活での注意点」、第9章「前立腺肥大症・前立腺がんのQ&A」。旧版は2002年刊。


「前立腺癌診療ガイドライン」
日本泌尿器科学会 (編集)


「前立腺がん検診ガイドライン 2008年版」


「ドクターズ・アイ 医者がすすめる専門医 VOL.32―前立腺がん」
スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。