スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝臓がん(肝臓癌・肝臓ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「肝臓がんと肝硬変―大丈夫。あきらめてはいけません 」
島村 善行 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
肝臓がん、肝硬変の最新治療による克服法を、日本屈指の肝臓がん専門医が完璧に解説。告知を受けたばかりの人への熱いメッセージや家族の人へのアドバイスも含め知りたいことのすべてを具体的に語る。1996年刊の新版。


「肝硬変・肝臓がんはこうして治します (東京女子医科大学関連八王子消化器病院がん退治シリーズ) 」
田中 精一 (著), 武雄 康悦 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
病気になっても自覚症状が無い肝臓の病気・肝硬変と肝臓がん。もっとも効果的な治療法と予防法とは? B型・C型肝炎によるがん発生を抑える国内外の最新治療情報を紹介。Q&Aを交えてわかりやすく解説する。


「名医が答える〈6〉いちばん新しい肝・胆・膵がんの本 (名医が答える (6))」
跡見 裕 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
近年増加傾向にある肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、これらの消化器系のがんの自覚症状や検査、治療法の最前線から手術後の問題まで患者さんや家族の素朴な疑問に消化器がんの名医が痒いところに手が届くように答えます。 もちろんがんにならないことにこしたことはありませんが、たとえがんになったとしても、完治、もしくはがんと共存しながら生命を全うすることができれば、みなさんの人生は実り多きものになります。


「肝炎 肝硬変 肝がんを予防|肝機能をたかめる献立と料理120品―栄養バランスのとれた食事で、肝臓を強化! (マイライフシリーズ特集版―健康レシピシリーズ)」
東畑 朝子, 織田 敏次
・内容(「MARC」データベースより)
たんぱく質はもちろん、バランスのとれた栄養を摂ることが第一の肝臓病患者の食事。1日にとりたい食品の量を定め、それに沿った献立を紹介。1週間の献立の他、良質のたんぱく質やビタミン・ミネラルを上手にとる料理も収録。


「科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 」
日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン作成小委員会


「ガンに生かされて」
飯島 夏樹 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
静かに苦しみつつ、時が訪れるのを待っていた。もう自分の頑張りもこれくらいだろう。そこで、よしっと決めた。―生きるのに時があり、死ぬのに時がある。2005年2月28日23時50分、彼は天に召された。フジテレビ系「金曜エンタテイメント」で大反響を呼んだ飯島夏樹のラストメッセージ。


「続・「AHCC」はなぜ効くのか―ガン治療医14人の証言」
村尾 国士 (著), 現代書林「AHCC」取材班 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
現場で日々苦悩する医師たちが語る「AHCC」の本当の治癒力!全国600ヵ所―これがいま、抗ガン食品「AHCC」を実際の医療現場で使っている病・医院の数である。機能性食品を超える機能性食品「AHCC」の治癒力を、これほど雄弁に物語る数字はほかにあるまい。


「C型肝炎=肝臓ガンの時代は終った―養生片仔〓の効果と応用 」
謝 心範 (著), 矢内原 昇
・内容(「BOOK」データベースより)
新世紀の夜明け前に、輝く星のように現れた「画期的健康食品・養生片仔〓」。1998年秋の開発完了以降、日本の病院で1,000名以上の肝臓病で長期間苦しんでいる方々へ投与・検証したところ、「全員が、僅か、10日間で、GTP値が劇的に減少した」との驚きの声が絶えない。また、動物実験によりひどく損害された肝細胞も見る見る蘇ってきました。驚く生命の再生・復元パワーが現われ、血中GTP(ALT)の制御がガン予防の鍵になり、既に、その劇的な効果は、国内の二つの専門学会と二つの国際学会で発表され、国際的にも大きな注目を浴びている。本書では、「養生片仔〓」の「効果の秘密」から、その「劇的な効果」まで、全てが明らかにされている。C型肝炎などの肝臓病に苦しむ多くの患者にとって、この一冊は「救いの本」となるでしょう。


「防ぐ、治す肝臓ガンの最新治療 (健康ライブラリー イラスト版) 」
飯野 四郎
・出版社 / 著者からの内容紹介
どう選ぶ?どこまで治せる?
手術だけじゃない!切らずに治す 最新治療法のすべてを徹底図解。
【主なポイント】
●肝臓ガンの原因の9割は肝炎ウイルスによるもの
●小さなかたまりが複数できるのが肝臓ガンの特徴
●原発性か転移性かでその性質がまったく違う
●肝臓ガンは再発しやすく、長期的な治療が必要
●ラジオ波でガンを加熱して除去するラジオ波焼灼療法
●ガンを壊死させるエタノール注入療法
●複数のガン、大きなガンも治療できる肝動脈塞栓療法
●最新治療法に保険はどこまで適用されるか?


「ステビアが癌・肝臓病・糖尿病に効く!―活性酸素を追い出し、自然治癒力を高める」
ステビア健康法研究会 (著), 豊嶋 穆, 奚 印慈
・内容(「MARC」データベースより)
飲んだ、効いた、治った! 活性酸素を追い出し、自然治癒力を高めるステビアの効力を、体験者の喜びの声と共に紹介する。癌や肝臓病から、いかにして回復したのか、ステビアエキスの謎に迫る。〈ソフトカバー〉


「キン・コン・ガン!―ガンの告知を受けてぼくは初期化された 」
渡辺 和博 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
自分はガンだ。だからガンを治さないとイカン。そう心に決めたら楽になった。パソコンを初期化したときと似たリセット感があった-。ナベゾ画伯こと渡辺和博の肝臓ガン闘病イラストエッセイ。


「新癌の外科-手術手技シリーズ (6) (新癌の外科-手術手技シリーズ 6)」
国立がんセンター, 垣添 忠生


「肝臓ガンのすべてがわかる本 (The cancer book) 」
矢沢サイエンスオフィス (編集)
・出版社/著者からの内容紹介
肝臓ガンの権威が総力監修。井廻道夫 昭和大学医学部第二内科教授/小菅智男 国立がんセンター中央病院肝・胆・膵外科部長/佐田通夫 久留米大学病院肝癌センター長/久永倫聖 奈良県立医科大学消化器・総合外科助教授/豊田恭徳 神奈川県立こども医療センター腫瘍科部長。最新最強の肝臓ガンの本。肝細胞ガン、肝内胆管ガン、転移性肝臓ガン、肝芽腫の特徴・原因・検査・最新治療法のもっともくわしい解説書。 ■肝臓ガンはなぜ“困難なガン”か? ■肝臓ガンに進展するウイルス肝炎(B型、C型ほか)と肝硬変 ■肝臓ガンの新しい検査と診断の方法 ■肝臓ガンの最新治療法 外科治療/肝動脈塞栓療法/動注療法/全身化学療法/エタノール注入療法/マイクロ波凝固療法/ラジオ波焼灼療法/放射線治療/凍結治療/再発した肝臓ガンと転移した肝臓ガンの治療法/肝内胆管ガンの治療法/転移性肝臓ガンの治療法/ほか ■肝臓ガンの合併症・緩和ケア・疼痛治療


「肝炎・肝硬変・肝がん―治療法はここまで進んだ! (別冊NHKきょうの健康) 」
林 紀夫
・内容(「MARC」データベースより)
肝炎、肝硬変、肝がんの最新治療から、今後登場が期待される治療法まで、広く取り上げた一冊。また、近年、肝硬変や肝がんの原因となることがわかってきた「NASH」についても詳しく解説する。


「珈琲一杯の薬理学」
岡希太郎 (著)
・内容紹介
本書は、医薬経済社発行の雑誌「医薬経済」に『珈琲一杯の薬理学』として2005年12月から2006年6月まで連載していたものを改めて書き下ろしたもの。 本書より~「コーヒーが病気を予防する」という、以前にはなかった話を一般の人々に理解して貰うには勇気が必要だ。特に今年は「食の情報」が事件になった年である。著者はコーヒーメーカーに代わって、学術論文に書かれたコーヒーの健康効果を正確にかつ思いっきり宣伝し、予防医療に役立てようと考えた。 2006年までに国際医学誌に掲載された学術論文をまとめ、一般の人にもわかるよう「珈琲一杯の薬理学」を書き下ろした。学術論文に書かれた疫学調査と未だ少ないが確かな実験証拠に基づいてコーヒーの効きめを述べることとし、非科学的表現は極力避けるようにした。 これまでもコーヒーを愛し、美味しいコーヒーを探してきた人、これまではコーヒーを余り飲んだことはなかったが、これからは健康のために飲んでみようと思う人、どんな人にも「珈琲一杯の薬史学」と「珈琲一杯の薬理学」をわかっていただき、明るく健康な社会づくりにコーヒーパワーが活用されることを期待して止まない。
スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。