スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腸がん(大腸癌・大腸ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「いちばん新しい大腸がんの本 (名医が答える) 」
丸山 雅一 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
自覚症状や検査、治療法の最前線から手術後の問題まで、患者さんや家族の知りたい素朴な疑問に、大腸がん治療の名医が痒いところに手が届くように答えます!この一冊で大腸がんに打ち克つ。


「やさしい大腸がん外来化学療法の自己管理」
朴 成和
・内容(「MARC」データベースより)
手術できない、または手術が難しい大腸がんと診断され、外来中心の抗がん剤治療を受けることになった患者に向け、その治療法や自宅での副作用への対応、検査データの読み方など、自己管理が必要となる事項について解説する。


「専門医が語る 大腸がんがわかる本―最新の検査・治療から緩和ケアまで」
赤須 孝之 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
日本人に増加傾向が著しい大腸がんを一般向けに解説。症状から、検査、手術、手術後の障害と再発の場合やQOL向上までを平易な言葉を用いて説明。医師とのコミュニケーションのとり方や、予防についても解説する。


「大腸がん 内視鏡検査がよくわかる本」
松生 恒夫 (著)
・出版社 / 著者からの内容紹介
急増する「大腸がん」、今や日本人男性の死亡原因の第四位となり、近い将来には一位の肺がんに迫る勢いです。その大腸がんの早期発見・早期摘出に絶大な効果がある内視鏡検査について専門医がやさしく解説。早期の大腸がんは、人間ドッグや集団検診などで行われている「便潜血検査」では見落とされてしまう事が多く、ぜひ進んで「内視鏡検査」を受診しましょう。本書では内視鏡に関する疑問から、術後の食生活に至るまで幅広くケアします。


「Q&A知っておきたい大腸がん質問箱106」
西条 長宏
・内容(「BOOK」データベースより)
大腸がん患者さんの日頃の疑問・悩みに対してQuestion&Answer形式でお答えし、だれにでもよくわかるように懇切丁寧に解説。簡潔で読みやすく、しかも専門書と同等の高度な学問的データを必要かつ十分に掲載。Answerの根拠(evidence)として豊富な図表を引用。内容の信頼性を高めると同時に大腸がんという病気の理解が一層進む。掲載された豊富な研究データは、医療スタッフの研究活動の一端も担えるように配慮。患者さんが遭遇するであろうさまざまな治療や状況を具体的に解説。大腸がん治療において重要なインフォームド・コンセントの場で、医療スタッフと患者さんとの円滑なコミュニケーションが可能となる。「キーワード解説」を巻末に掲載。一見難しそうな専門的な用語もラクに理解できる。主な「がん患者の会、患者支援団体」の連絡先リストを巻末に掲載。さまざまな悩みごとの無料電話相談、患者さん同士の交流・情報交換のためのスグに役立つ。


「腸内クリーニングの驚異―老化と大腸ガンを防止する 」
光岡 知足 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
欧米型食生活を続けていると腸が汚れ、便秘だけでなく大腸ガンも誘発する。からだの老化を防ぐ“腸内善玉菌”を増やし、腸をスッキリきれいにする「腸内クリーニング」で若返る法。


「決定版!がん「余命3カ月」から完治!〈パート1〉日本人の三大がん(胃がん、肺がん、大腸がん)」
桜井 一正
・内容(「BOOK」データベースより)
日本人に多い3つのがん(胃がん、肺がん、大腸がん)の最新情報と、生還した30人のよろこびの声を収録。家族はがん患者とどう接したらよいのか?医師とのつきあい方は?がん患者とその家族の不安を解消し、生きる力を取りもどす一冊。


「胃がん・大腸がん―名医の言葉で病気を治す (あなたの医学書)」
赤須 孝之 (編さん), 片井 均 (編さん)

「大腸がん標準化学療法の実際―FOLFOX/FOLFIRI療法の臨床導入」
島田 安博
・内容(「MARC」データベースより)
進行大腸がんの標準的治療のガイダンス。FOLFOX、FOLFIRI療法に関する治療のエビデンスから、治療に携わる場合の種々の手技上あるいは注意すべきポイントについて、丁寧に解説。


「大腸がん (がん看護実践シリーズ」
野村 和弘, 平出 朝子, 森谷 ニ皓
・内容(「MARC」データベースより)
罹患率の増加が著しい大腸がん。代表的な症状・診断・治療・看護の解説から、社会復帰のための支援、ターミナル期を迎える患者の支援まで、看護の必要事項を網羅する。


「早期大腸癌内視鏡下・外科治療のすべて」
杉原 健一 (編集), 上西 紀夫 (編集)
・内容(「BOOK」データベースより)
本書では、術前診断をより正確に行うことにより適切な治療手段を選び、臨床解剖学やリンパ流に基づいて個々の大腸癌患者に最適な治療法を行うことができるように編集されている。


「胃がんと大腸がん (岩波新書) 」
榊原 宣 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
日本人に圧倒的に多い胃がんと,近年ますます増えてきた大腸がん.2つの消化器がんの特徴,発がんのしくみや原因から,最新の診断法,治療の最前線までを症例をまじえてわかりやすく解説.さらにがんの告知や終末医療などの課題にも,臨床医学の立場から言及する.好評の旧版に最新の知見をもりこんだ決定版.


「心配しないでいいですよ再発・転移大腸がん」
大矢 雅敏 (著), 小口 正彦 (著), 水沼 信之 (著), 武藤 徹一郎 (編集), 畠 清彦 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
大腸がんはどのようにして再発するのか、万一再発した場合にはどのような治療法があるのか、患者にはどのような心構えが必要かなど、さまざまな再発に関することをイラストを利用して、分かりやすい言葉でくわしく解説する。


「胃がんと大腸がん (岩波新書)」
榊原 宣 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
患者数・死亡数ともに一位を占める胃がん,近年急速に増え注目されている大腸がん.国民の強い関心を集める二つのがんについて,第一線の臨床現場に立つ著者が,その特徴や発がんの仕組み,検査や治療の実際から予防までを,最新の医学の進歩に基づき,わかりやすく描く.あわせてがんの告知など医学が抱える現代的課題にも言及する.


「よくわかる大腸癌のすべて」
小西 文雄 (編さん)

「大腸がん・大腸ポリープ再発予防のおいしいレシピ」
重野 佐和子 (著), 赤須 孝之
・内容(「MARC」データベースより)
大腸がんを手術した料理研究家が、退院直後から段階を踏み、腸に優しく力がつく日々の「おいしいレシピ88点」を、美しいカラー写真で紹介。大腸がんや大腸ポリープを切除した方にとって役立つ、体験から生まれた貴重な一冊。


「きょうも、おいしく―大腸がん術後の体験談&レシピ」
Rico (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
おなかにかかわる病気なんて、食いしん坊には大敵!なのにかかってしまった著者が、なんとかしておいしく暮らしたいと思って試みた、さまざまな料理や暮らしの提案をまとめました。おなかにやさしいレシピは、健康な人の便秘や下痢対策にももってこい。


「大腸がんのことがとてもよくわかる本―専門医が書いた最も信頼できる処方箋 」
石川 秀樹 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
わが国の「大腸がん」は大変な勢いで増加している。平成十五年には、女性のがん死因のトップになり、また男性でも、現在罹患率第二位、死亡率四位のがんとなっている。つまり、われわれ日本人にとって決して油断のならない病気となっているのである。
「大腸がん」の原因は、食事の西洋化だとも言われているが、日本人の食事はそれほど西洋化していないにもかかわらず、欧米を追い越して増えているという。
これは、欧米人に比べて、日本人は「大腸がん」になりやすい体質を持っているからだと考えられる。
本書は、わが国の「大腸がん」予防研究の第一人者である、大阪中央病院消化器科部長・石川秀樹氏が、一般向けにわかりやすく、「大腸がん」にならないための「正しく確かな方法」を解説する一冊だ。氏は小麦フスマや乳酸菌を用いた臨床試験を行い、衝撃的な成果を発表したことで知られている。
この一冊が、きっとあなたとあなたの家族の命を救うはず。


「消化器癌化学療法-食道・胃・大腸」
・出版社/著者からの内容紹介
食道癌・胃癌・大腸癌のKey Drugsやエビデンスレベルの高い化学療法をコンパクトに解説.また,化学療法を理解するための腫瘍学,抗癌剤による副作用とその対策,消化器癌患者への栄養療法・緩和医療,臨床試験等も解説.各項目のポイントを箇条書きで解説した本書は,消化器癌領域のプロフェッショナルを目指す医療者に必携一冊.


「大腸癌 (新癌の外科-手術手技シリーズ 4)」
森谷 宜皓 (編さん)


「大腸がん・潰瘍性大腸炎・過敏性腸症候群 (よくわかる最新医学) (よくわかる最新医学)」
主婦の友社 (編集), 佐原 力三郎
・出版社/著者からの内容紹介
食生活の欧米化、ストレスの増大などで、近年、大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群などの腸の病気がふえている。大腸がんは2015年には全がんのトップになると予測され(女性のがんの部位別ではすでにトップ)、潰瘍性大腸炎も毎年10%ずつふえている。本書では、こうした腸の病気の原因、症状、検査、診断、最新治療法、人工肛門などの日常生活の注意点とケア、患者を支える社会制度を図版を多用してわかりやすく解説する。具体的な内容としては、第1章「大腸とはどんな臓器か?」、第2章「ふえつづける大腸の病気」、第3章「大腸の病気の症状と検査・診断」、第4章「大腸がんの診断・治療法」、第5章「炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の診断・治療法」、第6章「その他の大腸の病気(過敏性腸症候群・便秘・虫垂炎・大腸憩室症・大腸ポリープ)の診断・治療法」、第7章「日常生活の注意点とケア」、第8章「患者を支える社会制度」など。


「大腸癌治療ガイドラインの解説―大腸癌について知りたい人のために大腸癌の治療を受ける人のために」
大腸癌研究会


「家系内の大腸がんとその遺伝」
テリ・バーク (編さん), フィンレイ・マックレー (編さん)


「大腸癌取扱い規約」
大腸癌研究会
・内容(「MARC」データベースより)
原発性に大腸に発生した癌腫について、治療前、治療時および切除標本の所見に大別し、同一基準に則った臨床・病理・統計学的資料をうる手段としての取扱い方法を示す。改訂されたTNM分類との整合性を図るなどした第7版。


「大腸癌治療ガイドライン」
大腸癌研究会


「ガイドラインサポートハンドブック大腸癌」


「ドクターズ・アイ 医者がすすめる専門医 VOL.95―大腸がん」
スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。