スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮がん(子宮癌・子宮ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「いちばん新しい子宮がんの本 (名医が答える)」
高山 雅臣 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
早期発見、早期治療で完治が望める! 子宮がんの自覚症状や検査、治療法の最前線から手術後の問題まで、患者や家族の知りたい素朴な疑問に、子宮がんの名医がQ&A形式で答える。


「子宮癌のおかげです―女弁護士の全摘57日間の記録」
渥美 雅子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
日本における死因の第一位となったガン。ガンはもはや日常的な病気となり、治療法もいろいろ開発されてきた。それでも人は「ガンです」と言われると、お先真っ暗になったような気分になる。その誤解を解くため、「人生につまずいた人の応援団長」が立ち上がれもしないうちから、広汎子宮全摘手術にいたるプロセスとその後を、ユーモアをこめて赤裸々に綴る。


「子宮は一つ、子宮がんは二つ―子宮体がん手術と抗がん剤治療を終えて」
堺 典子 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
年に一度の人間ドックを欠かさず、子宮ガン検診でも「異常なし」で安心していたのに、なぜ? 二種の子宮ガンのうち、人間ドックなどでは発見されない体ガンで手術を受けた著者が贈る体験記。


「子宮がん・卵巣がん全書」
野澤 志朗 (著), 青木 大輔 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
28人の専門家が解説する婦人科がんの情報を満載。子宮頚がん、子宮体がん、卵巣がん、膣がん、卵管がんなどの症状や治療法から、後遺症対策・心のケアまで、深く知りたい人のための全書。


「もっと知りたい 子宮がん・卵巣がん」
加藤 友康 (著)
・内容紹介
女性特有のがんのうち、子宮がんと卵巣がんについて、検査や治療の実際を詳しく平易に解説しました。がんという病気はほとんどすべての人に認知されていますが、正確に理解されているとはいえないのが現状ではないでしょうか。患者が主体的に治療を選択することが重要視されていますが、そのためには患者側が正しく知ることが必要です。不安や疑問に丁寧に答えながら、納得できる治療法の選択をサポートします。


「気になる子宮の病気 子宮筋腫・子宮内膜症・子宮ガン 」
井上 正樹 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
食生活の変化や少子化、晩婚化により子宮体ガンが急増、独身・やせ型のキャリアウーマンに多い子宮内膜症…。自己責任のもとで自らの健康管理が求められる今、医学的に正しい知識をQ&A式で教える。


「乳がん・子宮がんと女性性 (ハートフルケアシリーズ)」
堀口 文 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
“女は、女として生まれるのではない。女になるのである”と、ボーボワールは、「第2の性」で述べています。女が、永遠に幸せな人生をおくるために、乳がん・子宮がん患者には、どのようなケアが必要でしょうか。医学の光は、ようやく、女性性にあたり始めたのです。


「笑顔の素敵なあなたに」
上原 寛奈 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
25歳で子宮ガンを宣告され、子宮と卵巣の全摘手術を受けた著者が、闘病の辛さのみならず、女性としての心の葛藤を赤裸々に綴ったノンフィクション。

「続・「AHCC」はなぜ効くのか―ガン治療医14人の証言」
村尾 国士 (著), 現代書林「AHCC」取材班 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
現場で日々苦悩する医師たちが語る「AHCC」の本当の治癒力!全国600ヵ所―これがいま、抗ガン食品「AHCC」を実際の医療現場で使っている病・医院の数である。機能性食品を超える機能性食品「AHCC」の治癒力を、これほど雄弁に物語る数字はほかにあるまい。

「子宮頚癌取扱い規約」
日本産科婦人科学会
・内容(「MARC」データベースより)
FIGOの示した新しい進行期分類に従い、1987年にまとめられた取扱い規約を改訂。現時点の標準的な治療法のみを掲載し、病理学事項についてはWHOの組織学的分類に従ってできるだけ簡潔に記載する。


「子宮体癌の診断と治療 (今日の治療―産婦人科) 」
宇田川 康博 (編集), 塚崎 克己 (編集), 野沢 志朗
・内容(「BOOK」データベースより)
本書は子宮体癌を制圧するストラテジーとして、まず敵を知るために、本邦における子宮体癌の現況とその推移を概説した。次いで実際の臨床に則して、診断法について項を設けた。癌の治療には早期診断、早期治療は原則であるが、本邦においても昭和62年以来、老人保健法の一環として、子宮体癌の検診が始まった。子宮頸癌とは異なり、子宮体癌の検診には種々の意見もあるが、現在までの成績をまとめた。腫瘍マーカーについても、従来のマーカーとともに新しく開発中のマーカーを遺伝子マーカーを含めて概説した


「機能温存をめざした超広汎子宮全摘術―子宮頸部腺癌への応用 」
佐藤 和雄 (著), 坂元 秀樹 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
本書は、進行した頸癌の手術方法として1941年に発表された三林術式にある基靱帯摘出の概念をに期頸部腺癌の術式として再度光を当てるとともに、子宮頸部腺癌の一術式として基靱帯摘出術を記載すること、ならびにその侵襲性を軽減し機能温存のために、骨盤植物神経の温存を行う術式を記載した。


「はいッ!ガンを治した赤星です (扶桑社文庫) 」
赤星 たみこ (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
ある日、子宮ガンが発覚。そして手術からリハビリ、退院…。こうくると、よくある愛と涙と感動の闘病物語のようだが、そこは楽天的なマンガ家の赤星たみこさんの体験となると笑いも加わる。そして無事退院してふだんの生活に戻った時に待っていた、壮絶な更年期障害症状の克服。患者や身内の心構えから見舞客への要望、治療費の収支決算などの実用情報まで盛りだくさんに織り込んだ、ひと味違った体験エッセイ。読む人に、人間のすばらしさとたくましさを感じさせるヒューマンドキュメント。


「子宮がん・卵巣がんとともに生きる―16人の女性と家族のストーリー」
宇津木 久仁子 (著)


「心配しないでいいですよ再発・転移子宮がん」
瀧澤 憲 (著)


「子宮体癌治療ガイドライン」
日本婦人科腫瘍学会


「子宮体癌取扱い規約」
日本産科婦人科学会


「よくわかる子宮がん・卵巣がん (名医の図解) 」
清水 敬生 (著)


「幸せながん患者になるのだ!―子宮頸部腺がん治療記録」
栗原 菫 (著)


「癌診療Q&A―卵巣癌、子宮体・頸癌」
野田 起一郎 (編集)


「子宮頚癌取扱い規約―General rules for clinical and pathological study of uterine cervical cancer in Japan」
日本産科婦人科学会, 日本病理学会, 日本医学放射線学会


「婦人科がん診療と化学療法―オンコロジストはこう治療している 」
杉山 徹 (編集), 坂田 優
・内容(「MARC」データベースより)
外来で婦人科がんを疑うときの診断の進め方、病名告知とインフォームドコンセント、化学療法の進め方、疼痛への対策や緩和医療などを具体的に要点を捉えて説明。臨床医が知りたい婦人科がん治療に関するQ&Aも記載。


「子宮がん・卵巣がんは手術でなおす―術後534人の暮らし方」
宇津木 久仁子 (著)
・出版社 / 著者からの内容紹介
納得して治療に臨むために 患者、家族必読!
手術を受けたら、何がどう変わるのか?「切ってからどうなる?」の疑問に答える、これまでになかった実践的「がん治療」本。
癌研病院の患者534人を対象に、術後の生活・後遺症について行ったアンケート結果を収録
がんの治療法には、ご存じのように、手術、抗がん剤療法、放射線療法の3つの方法があります。患者さんは、できるだけからだにラクな治療法をとりたい、からだにメスを入れるような手術は怖いと考え、「手術しないですむ方法はないですか。抗がん剤や放射線療法は?」と、手術を躊躇されることがあります。でも、私がメスをにぎる職業だからいうわけではありませんが、やはり、がん治療の原則は、第1に、「手術で切除できるものは、まず手術で除く」ということなのです。がん治療をするときには、がんという敵を知らなければなりませんが、がんは手術をしてみてはじめてわかることも多いのです。 <本文より抜粋>


「子宮・卵巣がんと告げられたとき」
まつばら けい (著), 大島 寿美子 (著)
・出版社 編集担当J.O, 2003/12/25
納得の医療を手にするために
本書は、婦人科がん患者が、自分にとって納得のいく治療を選び取るために、また病を得たあとも充実した人生を送るために、知っておきたいことを1冊にまとめたものです。現在の標準的な検査、診断、治療の内容はもとより、「がん」と告げられた衝撃に対応する方法、医師とのコミュニケーションをよりよくするための具体的な質問例、自分に合った治療法の選び方、治療後に起きうるリンパ浮腫や排尿障害、一人一人にとって異なる〈幸せな性〉を探すためのアドバイスまで、きめ細かく具体的に綴っています。婦人科がん当事者の方、ご家族や友人の方、一人でも多くの方にお読みいただきたいと願っています。
【本書の特徴】
・ 患者のネットワークや情報などによって、患者の自己選択、自己決定を支えます。
・ 病院で行われる検査の方法や意味がわかります。
・ あふれる医療情報をEBMに基づいて整理し、信頼できるものを厳選して、かつ公平に紹介しています。
・ 自分に合った治療を選ぶ基準となる標準療法がわかります。
・ 自分にとって必要な情報の探し方がわかります。
・ 医師とのコミュニケーションをよりよくするためのヒントも紹介。
・ リンパ浮腫や排尿障害など合併症・後遺症への対応、一人一人にとって異なる〈幸せな性〉を探すためのアドバイスなどを、きめ細かく具体的に書きました。
・ 巻末資料には、様々な情報源(治療法の選択や後遺症に関してなど)や、社会資源(「リンパ浮腫に対応する医療・治療機関」、「性の相談ができる機関」、患者会など)の役立つリストを満載。
【目次】
1 婦人科がん患者になるということ
子宮がん、卵巣がんと告げられたら/医師、病院選びは難しい選び/婦人科がん医療の問題点/安心・納得の医療を受けるには
2 婦人科がんの検査と診断婦人科がんとは何か/仲間はたくさんいる/検査の目的/検査を受ける前に知っておきたいこと/検査の流れ/検査はどのくらい痛いのか/診断の内容を理解する/細胞診の結果を知る/子宮頸がん細胞診「クラスIII」の意味を知る/子宮頸部異形成すなわちがん、ではない/組織診の結果を理解する/卵巣腫瘍の悪性・良性の識別は
3 納得できる治療法を選択するために婦人科がんのEBM/診療の標準化への努力/がんの評価を知る/治療方針を決める/婦人科がん手術の目的は何か/手術の種類を理解する/手術のリスクを知る/婦人科がんの放射線治療の方法を知る/放射線治療の副作用を理解する/放射線治療に関する専門医の見解/化学療法を受ける前に知っておきたいこと/抗がん剤が効く、とは?/抗がん剤の名前、投与量を知る/婦人科がんの化学療法に関する専門医の見解/子宮や卵巣、どこまで温存できる?/治療の選択肢(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん)
4 退院後の暮らし
リンパ浮腫でも、あきらめないで/排泄障害をケアする/卵巣欠落症状を癒すいろいろな方法/子どもを産めないことをどう受けとめるか/〈幸せな性〉を探して資料 参考文献・医療機関リスト・患者サポートグループ
スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。