スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がん(乳癌・乳ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「乳がんの歩きかた―余命を生きる50の物語」
田村 まり子 (著), 二松 啓紀 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
日本女性の20人に1人が乳がんの時代、ごく普通のひとりの女性が末期乳がんの診断を受けて4年...
大学病院から民間病院へ、未承認薬がくれた新しい人生は、通院治療、火事復帰、ショッピングや夫婦陸行、初孫の誕生へと続いていく。


「乳がん―あなたにとって一番の治療を (聖路加国際病院健康講座) 」
中村 清吾
・出版社 / 著者からの内容紹介
日本の医療で最高峰をきわめた聖路加国際病院のドクターが最新の知見にもとづいてやさしく解説する家庭医学書シリーズ。 手術法、薬物療法の進歩で治療はオーダーメイドの時代へ正確な理解と最新の知識で病気に立ち向かいましょう。
・内容(「BOOK」データベースより)
本書では、豊富な経験をもつ理学療法士が、乳がん手術後のすこやかな回復のために、手術直後から行うべきことを説明。患者の実体験をまじえながら、次のような内容を取り上げています。手術後に必要なことと、手術後の身体的ハンディキャップに関する詳細な情報。痛みをやわらげ、運動機能を高める15種以上の体操の図解。深呼吸、ストレッチ体操、皮膚の手入れ方法などセルフケアの手引き。


「自分でできる乳がん手術後のリハビリ―からだをきたえ、痛みをやわらげるために」
ダイアナ スタン (著), Diana Stumm (原著), 青木 玲 (翻訳), 福田 護

「乳がん全書」
福田 護 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
乳がんの早期発見、症状、検査、手術、入院、リハビリテーション、再発の予防と治療、乳房再建術、QOL(生活の質)を高める緩和医療―の実際と最新情報のほか、患者さんと家族の心のケア、QOLを高めるライフケア、代替医療、患者さんの体験記、情報収集法などなど、いろいろ知りたい乳がんのことを、この1冊に納めました。


「乳がんはなぜ見落とされたのか 「余命半年」の私にできること」
山口 真理子 (著), 朝日新聞「乳がん検診」取材班 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
検診で乳癌を見落とされ、余命半年の告知を受けながら、検診制度の見直しを訴えて歩いた女性の手記と、多数のメディアで取り上げられ、厚生労働省に制度の見直しを決断させた朝日新聞キャンペーン記事から成る一冊。


「乳がん―からだとこころを守る (別冊NHKきょうの健康)」
岩田 広治
・内容(「MARC」データベースより)
乳がんの診断から治療までには、様々な選択肢がある。乳がんの基礎知識や治療の前に知っておきたいこと、治療の最新情報、再発・転移とその治療はもちろん、悩みや不安を軽くするサポート、乳房再建手術などについても紹介。


「乳がん患者ケアガイド―乳がんの最新情報がよくわかる! 」
阿部 恭子, 矢形 寛
・出版社/著者からの内容紹介
検査・診断・治療の最新情報を網羅する乳がんケアパーフェクトガイドである.手術療法・化学療法・放射線療法等の解説とともに、治療が長期にわたる乳がん患者のセルフケア支援と家族へのサポートも充実.他職種チームが参加するチーム医療の重要性も示す.


「がんを治す食事療法レシピ―代替食事療法と現代栄養学が1冊に 」
帯津 良一, 上野 圭一
・内容(「BOOK」データベースより)
代表的な5つの食事療法を自分の体質や性格、病状により自由に選択。現代栄養学によるレシピも豊富に網羅。レシピ以外にも、各療法の理論をわかりやすく解説。レシピ中の食材や生薬の効用をていねいに紹介。


「パリのおっぱい 日本のおっぱい―乳がん治療先進国での体験から (集英社be文庫) 」
木立 玲子 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
フランスは世界に冠たるがん治療先進国。ジャーナリストとして在仏中に乳がんに罹り、フランスの死生観に啓発される。病は生のあくまでも一部、死の一部ではないとの気持ちでがん脱出を試みる。


「体験者が伝える乳がん安心!生活BOOK―治療中にいちばん知りたい生活情報とアイデア」
がん患者サービスステーションTODAY!編集部 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
この本は、乳がん患者として「本当にほしかった生活情報」を、3年半の徹底取材と実践を重ねてまとめあげたものです。入院の準備、入院中の過ごし方、退院直後や治療中の生活、副作用のケア、かつらや下着などの上手な選び方、主治医とのコミュニケーション、家族や友人との関係、家事や仕事、食生活、治療費、心の問題、リラクゼーションなど、いろいろな面を取り上げました。


「乳がん患者へのトータルアプローチ―エキスパートナースをめざして」
射場 典子, 長瀬 慈村, 阿部 恭子
・内容(「MARC」データベースより)
あなたなら、ブレストケアにどう向き合いますか? 乳がん患者に対するトータルアプローチについて、基礎、診断、診断から治療へ、治療、ケア、チーム医療の6章にわけ解説する。チーム医療に必携の一冊。


「がん患者学〈1〉長期生存患者たちに学ぶ」
柳原 和子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
現代医療から見離された患者たちは、何を考え、いかに生きてきたのか?手術、抗がん剤、放射線治療などによる医療のみが、がんからの生還の道なのか…?自らががん患者となり、三年間の闘病生活を体験した著者が、長期生存患者を訪ね、ともに苦悩し、ともに思考した、渾身のノンフィクション。


「乳がん 私らしく生きる 」
・出版社/著者からの内容紹介
乳がんと診断されたら、どうすれば良いのか。患者は少ない情報の中から治療を選択し、しかもすぐにでも治療を受けなければならないのではないかと慌てがちである。自分に合った治療法とは何か、しかも自分らしい生活を保持しながら乳がんに立ち向かうために大切なことは何なのか。本書は、そんな患者さんや家族の疑問に丁寧に答えている。乳がんの患者さん190名の声と専門医(家)からのアドバイスが収録された、応援歌ならぬ応援書である。患者さんはもちろん乳がん治療に携わる医療スタッフにとっても役立つガイドブックである。


「乳ガン110番―最新国際ガイドラインをやさしく解説 (B&Tブックス)」
南雲 吉則 (著), 岩瀬 哲 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
乳ガン患者やその家族たちが、適切な手術・治療法を短時間で納得して選択することができるよう、乳ガンの国際ガイドラインに基づいてやさしくアドバイス。治療方法の大幅な変化などの最新の情報を加え全面改訂した第2版。


「体験者が伝える乳がん安心!生活BOOK 2nd Editio―治療中にいちばん知りたい生活情報とアイデア」
TODAY!編集部 (著)


「専門医が答えるQ&A 乳がん―発見・検査・治療・再発防止策タイプ別くわしい体験談」
中村 清吾 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
生活の欧米化とともに、今や乳がんは子宮がんを追い抜いて、日
本人女性がかかるがんの中で最も患者数が多いがんで、年間約4万人にのぼる。早期発見・早期治療すれば完治も可能で、治りやすいがんといわれる乳がんだが、患者数の増加に伴い死亡者も年1万人近くなり、死亡率も10.9と30年前に比べポイントも増えている。手遅れから死に至るような悲劇を繰り返さないよう、また、自分にとってベストの治療が受けられるよう、乳がん克服に関して必要なあらゆる知識を、乳がん専門医として日本のトップレベルにある著者が、最新の情報を交えてわかりやすく解説する。Q&Aでは、患者が知りたいこと・心配なことを、具体的にきめ細かく拾い上げて丁寧に回答、また乳がんと分かったときに最も役立つ体験談も著者の的確なコメント入りなので、より参考になる。治療方針を決めるための情報提供機関から下着やかつらについての知識まで、情報ページも充実。


「がん診療ガイドラインの解説―乳がんについて知りたい人のために」
日本乳癌学会
・出版社からのコメント
本ガイドラインは,乳がん診療に関する医師,看護師,薬剤師等からの説明を補足するものです。
 本ガイドラインは,乳がん患者さん,患者さん家族などを対象に,乳がん診療のよりよい理解のために乳癌学会に設置された乳がん患者向けガイドライン作成小委員会が作成しました。作成作業は2004年~2005年に出版した,乳癌診療ガイドライン(1:薬物療法,2:外科療法,3:放射線療法,4:検診・診断,5:疫学・予防)で取り上げた項目(リサーチクエスチョン)を基に,まず患者委員が約200の質問項目(クリニカルクエスチョン)を作成しました。これらの質問項目の中から患者向けガイドライン作成小委員会が重要と考えられる46項目を選択し,質問項目に対する回答(推奨文)とその解説を乳癌診療ガイドライン各領域の専門家(医師,看護師,薬剤師)が作成しました。質問項目,推奨文,解説文は,乳がん患者向けガイドライン作成小委員会で,数回の会議を開催し,わかりやすさ,正確さ,重要さ,他領域の記載との整合性などについて検討を重ねて最終形にまとめました。


「18人の医療専門家が語る乳がんの治療法とQOL(生活の質) 」
出版社/著者からの内容紹介
『乳がんの治療法とQOL』
「がん」と一口に言いますが、「肺がん」や「胃がん」と「乳がん」とでは性質が大きく異なります。例えば、病期ごとの5年生存率。ステージ2では、5年生存率は肺がんが4~5割程度なのに対し、乳がんは8~9割。乳がんは予後のよいタイプのがんなのです。反面、乳がんは術後10年たっても20年たっても再発の可能性があります。肺がんなど他のがんでは術後5年経過したら滅多に再発しませんから、乳がんは特殊ながんと言えるのです。本書では、「自分のがんはどんながんなのか」を知って治療を受けるために、医師が患者に対して告げるがんの「悪性度」とは何かを乳がん専門の病理医に取材して紹介しています。
2005年スイスのザント・ガレンで開催されたコンセンサス会議で、乳がんのリスク分類とその分類に基づいた術後補助療法が新たに規定されました。その規定に基づく治療法や、厚生労働省の研究班によって発表された乳房温存療法のガイドラインの概要など、最新の乳がん治療法を網羅するとともに、再発・転移への対策法についても重点的にカバーしています。
また、セカンド・オピニオンの求め方、術後のリハビリや気功、サプリメントの取り入れ方を含む元気なカラダづくりの方法、「死ぬのでは」という恐怖やおちこみからの回復、夫とのあらたな関係づくりなどこころの元気を取り戻す方法、リンパ浮腫対策や乳房再建、化学療法中のウィッグ活用法、ランジェリーに至るまでQOLを高めるための方法などを網羅。
通常、類書は一人の医師の執筆または監修によって構成されますが、本書は30のテーマについて18人のそれぞれの分野の専門家や患者さんたちに取材して編集しているのが最大の特徴です。



「よくわかる乳がん治療 (名医の図解) 」
福田 護 (著)


「おっぱいがたいへん!!―まんが 乳がん治療日記」
さかい ひろこ (イラスト)


「「キレイに治す乳がん」宣言!」
山崎 多賀子 (著)


「女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!」
松田 麻美子 (著)


「かえるノート―乳ガンになって私が選んだ道。」
かえる (著), 秋月 真由美 (イラスト)


「乳がんリスクファクターのすべてを知る!―エプスタイン博士から、全世界の女性たちへ」
サミュエル S.エプスタイン (著), 阿部 孝次 (翻訳), 氏家 京子 (翻訳), 葉山 悠子 (翻訳)
スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。