スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚がん(皮膚癌・皮膚ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「健康と紫外線のはなし―日焼けが皮膚がんをおこす」
市橋 正光 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
太陽光線に含まれる有害な紫外線はどのように皮膚を傷つけるのか、またそれを予防するにはどうしたらよいのか。皮膚科学の権威が毎日のスキンケアから、日焼けした時のスペシャルガイドまでを科学的にガイド。


「紫外線と皮膚ガン (健康ライブラリー)」
石原 和之 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
過度な日焼けは遺伝子を傷つけ、皮膚ガンを発生させます。あぶらっこい食べ物や甘い物のとりすぎ、アウトドアスポーツブームが皮膚ガンの増加に拍車をかけています。皮膚ガンは自覚症状がなく見逃してしまいがちですが、発見が早ければ完治も可能です。早期発見のコツが多くの症例をとおしてわかりなすく解説されています。


「バイオ抗酸化剤プロビタミンC―皮膚障害・ガン・老化の防御と実用化研究
三羽 信比古 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
化粧品、医薬品、健康食品の研究に関する、新しいバイオ抗酸化剤の開発と、応用のための実用的な指針と研究方法について詳述する。


「皮膚悪性腫瘍取扱い規約」
日本皮膚悪性腫瘍学会
・内容(「MARC」データベースより)
本邦の皮膚悪性腫瘍の特徴を明らかにする。主要な皮膚原発悪性腫瘍の症例につき、診断、病気分類、治療内容を正確に記載するための基準を呈示。病期別の治療原則と経過観察の仕方の基準も記載する。


「癌治療の進歩〈第9集〉骨・皮膚及び軟部組織」
藤森 正雄 (編集), 太田 邦夫 (編集)


「No.20皮膚の癌」
末舛 恵一 (著), 石原 和之 (著)


「大腸ガン・アトピー性皮膚炎・頭痛・小児ぜんそく・子供の肥満 (元気診断)」
・内容(「BOOK」データベースより)
日本テレビで話題の健康ガイド番組、「木内みどりの元気診断」が本になった。今の医療技術で病気はどこまで治せるかを、東京女子医科大学・第一線の名医たちが語る。


「ドクターズ・アイ 医者がすすめる専門医 VOL.48―皮膚がん 」


「皮膚悪性腫瘍診療の実際―基礎から臨床まで」
長谷 哲男 (編集), 中嶋 弘
・内容(「MARC」データベースより)
日本における皮膚悪性腫瘍の疫学、診断、治療、緩和医療の現状、問題点などを提示。第14回日本皮膚悪性腫瘍学会総会、第17回皮膚リンフォーマ研究学会総会で発表されたものを編集。


「悪性黒色腫 (皮膚科MOOK (18)) 」
三嶋 豊
・内容(「MARC」データベースより)
悪性黒色腫はヒト癌の中でも最も悪性であり、脳神経系を含む内部臓器のみならず、皮膚にも多数の転移巣を頻発させる。本書は、皮膚科医はもちろんのこと、諸分野の医師、研究者、学生が悪性黒色腫について総合的、かつ最新の情報が得られる。


「とうさん、生きていたい!―悪性黒色腫(ガン)と闘った妻」
小針 弘嗣 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
ガンの中でも治療が難しいといわれる悪性黒色腫。その難病に倒れた妻の闘病の様を夫が描いた作品。必死に生きようとした妻の姿を通じ、病の恐さ、医療への希望を訴え、患者とその家族の思いを伝える。


「悪性黒色腫の診断・治療指針」
斎田 俊明, 山本 明史
・内容(「MARC」データベースより)
本邦の悪性黒色腫に関する最新の疫学的データを示した基礎編、臨床・組織診断に役立つよう、各方面からのアプローチを記述した診断編、治療法・経過観察の指針や緩和ケアの考え方を取り上げた治療編にわけて解説。


「飲んで治る奇蹟の水 日田天領水の超力!―糖尿病・アトピー性皮膚炎・高血圧・ガン等…消滅」
独活 章 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
万病の元である活性酸素を消去する活性水素が多量に含まれ、しかも最も安定している天然水、日田天領水。この「奇蹟の水」の謎を解き、難病の治癒例を紹介する。


「Merkel細胞・Merkel細胞癌―この謎多き細胞たち」
小野 友道 (編集), 鈴木 啓之 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
Merkel細胞とMerkel細胞癌について、基礎・臨床からその最先端を解説。臨床家にとっても役立つ一冊。


「ホクロもガンになる―いま急増中の最悪のガン"黒い恐怖"の正体」
石原 和之 (著)


「悪性黒色腫―ほくろのガン」
石原 和之 (著)

スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。