スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すい臓がん(すい臓癌・すい臓ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「ガン死からの生還―膵臓ガンで余命半年と宣告!3ヵ月間で完治させた男! 」
加納 隆光 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
経営で栄光と挫折を体験した男が気づいた『この法則』を知ればガンは克服できる!有識者各位・必読のJ・F・A構想とは。


「花毬の季―膵臓癌にて逝きし妻ミー坊に捧ぐ 」
長友 康夫 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
妻・愛称ミー坊が膵臓癌に! ミー坊は、膵臓癌と闘う。時には挫けながらも。そんなミー坊に励まされる家族と周りの人達。生きる勇気とは、人間の絆とは、夫婦愛とは何かを問う。


「名医が答える〈6〉いちばん新しい肝・胆・膵がんの本 (名医が答える (6))」
跡見 裕 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
近年増加傾向にある肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、これらの消化器系のがんの自覚症状や検査、治療法の最前線から手術後の問題まで患者さんや家族の素朴な疑問に消化器がんの名医が痒いところに手が届くように答えます。 もちろんがんにならないことにこしたことはありませんが、たとえがんになったとしても、完治、もしくはがんと共存しながら生命を全うすることができれば、みなさんの人生は実り多きものになります。


「膵癌早期診断テクニックマニュアル 」
竜田 正晴, 大阪府立成人病センター消化器内科膵臓グループ
・内容(「MARC」データベースより)
根治可能な膵癌である上皮内癌と、切除後の予後が比較的良好な小さな通常型膵癌の診断を中心に、早期診断のためのマニュアルを作成し、これに従って診断を進めることができるよう、わかりやすい箇条書き形式で記述する。


「膵癌―診断・治療の最前線」
辻井 正 (編集), 神代 正道 (編集), 二川 俊二 (編集), 沖田 極 (編集), 小林 健一 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
死亡率が上昇している上、予後が極めて不良である膵癌。治療成績を向上させる方法である「早期発見・早期治療」に対応できる知識と診断のコツを、図や写真を多用して説明する。


「膵炎、膵癌 (図説消化器病シリーズ (14)) 」
早川 哲夫
・内容(「MARC」データベースより)
膵疾患の中でも代表的疾患である急性および慢性膵炎、膵癌を中心に、日本の臨床に即した実際に役立つ知見を、歴史的背景から最近の進歩に至るまで加味して記載。図表や画像を豊富に取り入れ丁寧に解説する。


「膵癌の手術―手術手技と合併症対策」
尾崎 秀雄 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
膵癌に対する安全で、しかも治療効果のあがる手術法を解く。手術手法の実際と術後の合併症対策を中心にした、外科医のための膵癌治療に役立つ解説書


「膵癌取扱い規約」
日本膵臓学会
・内容(「MARC」データベースより)
規約第5版の委員会案、日本膵臓学会の名誉会員等からの意見、規約第5版に関するシンポジウムなどを経て得た意見を元に作成した第5版。膵癌治療向上のために編まれた規約書。


「科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン」
日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン作成小委員会

「膵癌取扱い規約―Classification of pancreatic carcinoma 」
日本膵臓学会
・内容(「MARC」データベースより)
膵癌の取扱い規約をカラー図版を多用してまとめる。2002年刊「膵癌取扱い規約」第5版に基づいた、英語版第2版。


「膵上皮内癌フォーラム 」
跡見 裕, 高折 恭一
・内容(「MARC」データベースより)
膵癌前駆病変に関する精力的な努力の成果である「膵上皮内癌フォーラム」での討議をまとめる。超音波検査による膵上皮内癌の診断、膵管上皮病変の異型度分類試案、実験モデルにおける膵発癌メカニズムほかのトピックを収録。


「膵臓ガンと網膜剥離と今も闘う」
油谷 邦夫 (著)


「膵癌取扱い規約 英語版」
日本膵臓学会 (編さん)


「膵癌診療の最前線―日本膵臓学会第18回年次大会シンポジウム記録
細田 四郎 (編集)


「膵癌へのアプローチ 」
永川 宅和 (著)


「膵癌 (内科MOOK (39))」
石井 兼央


「肝癌・胆道癌・膵癌 (臨床VISUAL MOOK)」
佐藤 寿雄 (編集)


「新癌の外科-手術手技シリーズ (6) (新癌の外科-手術手技シリーズ 6) 」
国立がんセンター, 垣添 忠生


「ガンと上手につきあいなはれ 」
黒田 清 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
2000年夏、1人のジャーナリストが膵臓ガンで逝った。69歳。本書は「闘病の記録」ではない。体内に巣食うガン細胞にユーモラスに語りかけ、なだめ、ときに罵りながら「上手につきあい」続けた、感動のドキュメントである。


「ある日突然、末期癌と知って 」
横山 邦彦 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
余命3カ月の末期膵臓癌と自分で診断した放射線科医による渾身の闘病記。孤独や絶望と闘いながら、日々変化する症状や治療、そして出来事をつづり、言葉にできない悲しみと苦痛の中で冷徹な医学者としての考察を織り込んだ貴重な記録でもある。


「医者がガンになった 」
川崎 平八郎 (著)
・内容紹介
日本で胃ガン、肺ガンの次に死亡率が高い肝臓ガンに侵され、手遅れだと診断された著者。だが、小児科医の開業医として、自らの病状を冷静に分析、自覚症状と進行状態の相違に着目、内科治療に取り組んでいく。医者と患者、両方の視点からガン治療や現代医療のあり方にまで踏み込んだありのままの闘病記録。手術不可能でも治療の可能性はある。再発しても「絶対に諦めない」ための1冊。


「外科臨床と病理よりみた小膵癌アトラス」
山口 幸二 (著), 田中 雅夫 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
20mm以下のpTS1発見のために、膵臓癌のエキスパート、九州大学臨床・腫瘍外科が、そのノウハウとエッセンスを注ぎこんだ決定版アトラス。


「ホメオパシー癌のレパートリー―頭から足まで (ホメオパシー海外選書) (ホメオパシー海外選書)」
ロジーナ・ゾンネンシュミット (著), 由井 寅子 (監修), 熊坂 春樹 (翻訳)
・出版社からのコメント
<監修者>由井寅子氏の「まえがき」より
『...したがって現代医学におけるように、癌組織を単に細胞分裂の無限の連続による物理的結果としてとらえて、患部を切除するという手段がどれほど有効なのか、あるいは放射線を照射するだけで済むのか、たとえ抗癌剤で癌が消滅したとしても根本的に治癒したと言えるのか、私たちは考えなければなりません。今や、医師のなかからも「癌は切っても治らない」という声が上がっているほど、従来の医学による手法は限界を露呈しています。
 癌は、さまざまな心的葛藤や食や環境汚染、予防接種などによる医原病によって複合的にもたらされた血液の濁りの最終形態であるという立場にこそ、今注目すべきなのです。このこと自体は、私たちホメオパスにとっては、ことさらにいうまでもない当たり前のことです。したがって、ホメオパシー医学における癌治療とは、医原病治療、心的葛藤の解放や感情の解放、臓器サポート、マヤズム治療、さらに食や生活指導を一体化して行われるものです。これらの複合的なホメオパシー的アプローチなくして、癌の根本治療は有り得ないと考えています...』

スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。