スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎臓がん(腎臓癌・腎臓ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「肝臓ガン・肺ガン・膵臓ガン・腎臓ガン―ガンの病症別ワクチン療法「
村上 信彦 (編集)


「腎細胞癌診断・治療ハンドブック―腎細胞癌における分子標的治療薬の役割」
赤座 英之
・内容(「MARC」データベースより)
欧米で腎細胞癌に対する分子標的治療薬が承認され、腎細胞癌の治療法が大きく変化した。分子標的治療薬が治療手段に加わるという情勢を鑑み、腎細胞癌の診断や病期分類、治療、展望までを解説したハンドブック。


「腎癌のすべて―基礎から実地診療まで 」
東間 紘, 中沢 速和
・内容(「MARC」データベースより)
臨床の現場から、腎癌の現状を広く、深く捉え直し見つめ直す。疫学、腎癌の基礎、腎癌の分子生物学、腎癌の診断、腎腫瘍の画像診断、腎癌の病期分類、腎癌と鑑別を必要とする疾患、腎癌の治療などについて解説。


「泌尿器科・病理・放射線科腎癌取扱い規約」
日本泌尿器科学会, 日本病理学会, 日本医学放射線学会
・内容(「MARC」データベースより)
多彩な病像と複雑な経過を示す腎癌(腎実質の上皮性腫瘍)患者の臨床所見、検査所見、治療方法、病理学的事項および予後などに関する記載の仕方を規定した規約の内容を解説する。92年刊に続く第3版


「生活習慣病は食べて治す―ガン・腎臓病・心臓病など」
佐々木 末吉 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
誤まった食生活が病気をつくる! 肺結核をオオバコで治す、小豆の効能など、近代医学への反省を求めて、実体験にもとづく食事療法の全てを公開。


「腎臓 (取扱い規約に沿った腫瘍鑑別診断アトラス)」
藍沢 茂雄 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
成人および小児期の腎腫瘍のすべてをまとめた解説書。日常病理診断をする立場からみた形態像および鑑別診断を中心に定義や組織発生に関する概念や臨床的事項、重要な文献などについて書かれている。


「仙薬「高山紅景天」の秘密―腎臓を活性化して血液をきれいに! ガン・成人病に負けない体質改革とは!」
史輝出版ヘルスライブラリー編集室 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
中国のチベット・長白山に古来から伝わる仙薬が、腎臓を活性化し血液を浄化してくれる。血液の汚れが原因と考えられているガンや心臓病をはじめ、疲労回復、更年期障害、神経症、胃腸障害などから、現代人を救う「高山紅景天」の秘密にせまる。病気になる前の人も、病気の人もあきらめずに読んでみる本。


「魚と生活習慣病―ガン・脳心血管病・ボケ・糖尿病・腎臓病ほか」
斎藤 嘉美 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
長年、日本人の健康長寿を支えてきた優れた栄養食品である魚介類が、ガンや脳心血管病、糖尿病、認知症などの生活習慣病の予防改善や、小児の知能の発達にいかに有用であるかを、最新の情報に基づいて説く。


「癌診療Q&A―腎癌、腎盂・尿管癌、膀胱癌」
古武 敏彦 (編集), 田口 鉄男 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
日進月歩の研究集積にもかかわらず、いまだに死亡原因のトップに位置する癌。その診療と実践治療のため、わが国を代表する専門医らによりまとめられた書。


「腎癌および上部尿路癌に対する手術 (Urologic Surgeryシリーズ) 」
塚本 泰司 (編集), 山口 脩 (編集)
・内容(「BOOK」データベースより)
本書では、腎細胞癌・上部尿路癌の手術術式についてそれぞれの方法に熟達した先生がたにその適応および「こつ」も交えて執筆していただきました。従来の標準的な手術から最近の腹腔鏡(後腹膜鏡)下手術まで網羅されています。


「泌尿器科・病理・放射線科腎癌取扱い規約」
日本泌尿器科学会 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
多彩な病像と複雑な経過を示す腎細胞癌患者の臨床所見、検査所見、治療方法、病理学的事項および予後などに関する記載の仕方を規定した規約の内容を解説する。


「透析患者の腎癌エコーアトラス 」
関野 宏 (著), 寺沢 良夫 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
本書は、腹部超音波検査を主役として、非常に発見の難しい透析患者の小腎癌診断の実際例を供覧するものである。


「がんが消えた―ある自然治癒の記録」
寺山 心一翁 (著)
内容(「MARC」データベースより)
“末期がん”の診断、病院治療への疑問、自宅療養という選択。西洋医学的治療を離れて、なぜ“がん”は消えたのか? 余命いくばくもないと思われていた、“がん患者”の発病から消滅までを克明につづった自然治癒の記録。


「生きてふたたび、みたび―我が妻の腎移植、大腸ガン、脳卒中闘病記」
田村 久夫 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
腎臓移植、大腸ガン、脳卒中とたび重なる重病に見舞われながら、たくましく生き抜いてきた妻の闘病生活を綴る夫の手記。夫婦だからこそ語れる、心温まるヒューマン・エッセイ。


「明子よ―22歳・ガンで逝った娘への手紙」
鵜川 新 (著)

「泌尿器科・病理・放射線科 腎癌取扱い規約」
日本泌尿器科学会

スポンサーサイト
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。