スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵巣がん(卵巣癌・卵巣ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「子宮がん・卵巣がん全書」
野澤 志朗 (著), 青木 大輔 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
28人の専門家が解説する婦人科がんの情報を満載。子宮頚がん、子宮体がん、卵巣がん、膣がん、卵管がんなどの症状や治療法から、後遺症対策・心のケアまで、深く知りたい人のための全書。


「もっと知りたい 子宮がん・卵巣がん」
加藤 友康 (著)
・内容紹介
女性特有のがんのうち、子宮がんと卵巣がんについて、検査や治療の実際を詳しく平易に解説しました。がんという病気はほとんどすべての人に認知されていますが、正確に理解されているとはいえないのが現状ではないでしょうか。患者が主体的に治療を選択することが重要視されていますが、そのためには患者側が正しく知ることが必要です。不安や疑問に丁寧に答えながら、納得できる治療法の選択をサポートします。


「子宮がんと卵巣がん―早期発見・早期治療がたいせつです (レディースクリニック)」
岡本 愛光 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
子宮がん、卵巣がんを早期発見するための方法、正しい検査と診断、最善の治療、退院後の生活と再発予防など、最上級・最先端の情報を詳しくわかりやすく解説。主婦の友取材班による患者の生の声も掲載する。


「末期癌からの脱出―末期癌、主婦の体験記」
高橋 千恵子 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
末期癌になったものの、その時、その時に、一番正しい情報に出合い、それをつかみとった結果、奇跡的に元気になった著者による、「あと六ヶ月の命です」と宣告されてから回復までの壮絶な戦いの記録。


「婦人科がん診療と化学療法―オンコロジストはこう治療している」
杉山 徹 (編集), 坂田 優
・内容(「MARC」データベースより)
外来で婦人科がんを疑うときの診断の進め方、病名告知とインフォームドコンセント、化学療法の進め方、疼痛への対策や緩和医療などを具体的に要点を捉えて説明。臨床医が知りたい婦人科がん治療に関するQ&Aも記載。


「卵巣ガンかかりやすい人かかりにくい人」
井上 正樹 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
卵巣ガンの原因や治療法などとともに卵巣の病気全般について、金沢大学医学部教授がわかりやすく説明。


「主治医はだんなさま―私は末期の卵巣癌から生還した」
南 タミ子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
夫の執念が妻を死の病から救った。テレビ朝日の特別番組「ガン戦争」に二度登場したあの著者が癌克服の極意を綴る、夫婦二人三脚・感動の闘病記。


「ガンになっても私、セクシィ?―卵巣ガン患者発“ふまじめ”のすすめ」
竹内 尚代 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
ガンになったからといって、仕事も降りない、女も降りない。酒と友だちづき合いはますます盛ん。ふまじめな患者に徹する著者はみずからの性と生にどこまでも真面目な患者である。ガンとの偏見のないつきあい方を語る。


「岡島弘幸博士の子宮がん・卵巣がん (家庭の医学シリーズ) 」
岡島 弘幸 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
自分ががんにかかったのではと、とんでもない思い違いをしてしまうその前に読んでおきたい婦人科癌の本。子宮がん、卵巣がんの基本的な知識から、肥満、糖尿病、高血圧とがんの関係などについて詳説。


「とことん“ガン”晴レ!私の自然治癒力」
一片 恋生 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
余命3ヶ月、もって半年。まだ46よ、私の人生これからじゃない。突然、自分の身に起こった出来事にもう目の前が真っ暗。どうすればいい?まさか自分が・・・なんで私が・・・。今の私に何が一体出来るの?本当は一番何がしたいの?そう自分に問い詰めて。まず、自分自身を空っぽにすることから始めよう!子供たち、大切な人たちに“私”を残そう!告知から手術、抗がん剤、入院中にベッドの上で毎日毎日書きなぐりました。そう、自分の半生を思い起こしながら。思いをすべて書くことで記憶を消して新しい自分に生まれ変わろうと。ガンであったことも忘れたくて・・・。


「きっと良くなる 必ず良くなる―多重がんとの闘いの記録」
広野 光子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
これは、多重がん(原発巣の異なる二つ以上のがん)を病んだ著者が、5年を生き抜いた記録である。たとえ、著者のように重篤ながんを病んでも、手術、抗がん治療に代表される西洋医療とその他の医療、それに、人が本来持っている、治る力(自然治癒力・自己免疫力)を信じて闘病すれば、がんの予後を明るく楽しく生きられる、と実感できた記録である。


「癌診療Q&A―卵巣癌、子宮体・頸癌
野田 起一郎 (編集)


「子宮がん・卵巣がんとともに生きる―16人の女性と家族のストーリー 」
宇津木 久仁子 (著)


「よくわかる子宮がん・卵巣がん (名医の図解)」
清水 敬生 (著)


「卵巣がん治療ガイドライン」
本婦人科腫瘍学会 (編集)


「よくわかる卵巣癌のすべて」
安田 充 (編さん)


「ドクターズ・アイ 医者がすすめる専門医 VOL.94―卵巣がん 」


「卵巣がん治療ガイドライン 2007年版」


「一発逆転ホームラン―放つのはあなた! 」
ほししま ゆあ (著)
・内容(「MARC」データベースより)
美しさに磨きをかけて、死ぬまで女を捨てないで頑張るぞ~。30歳、独身で卵巣がんになり、3年間の抗がん剤治療を経て結婚した著者の闘病記。独身のがん患者・体験者に夢と希望を与える一冊。


「子宮がん・卵巣がんは手術でなおす―術後534人の暮らし方」
宇津木 久仁子 (著)
・出版社 / 著者からの内容紹介
納得して治療に臨むために 患者、家族必読!
手術を受けたら、何がどう変わるのか?「切ってからどうなる?」の疑問に答える、これまでになかった実践的「がん治療」本。
癌研病院の患者534人を対象に、術後の生活・後遺症について行ったアンケート結果を収録
がんの治療法には、ご存じのように、手術、抗がん剤療法、放射線療法の3つの方法があります。患者さんは、できるだけからだにラクな治療法をとりたい、からだにメスを入れるような手術は怖いと考え、「手術しないですむ方法はないですか。抗がん剤や放射線療法は?」と、手術を躊躇されることがあります。でも、私がメスをにぎる職業だからいうわけではありませんが、やはり、がん治療の原則は、第1に、「手術で切除できるものは、まず手術で除く」ということなのです。がん治療をするときには、がんという敵を知らなければなりませんが、がんは手術をしてみてはじめてわかることも多いのです。 <本文より抜粋>


「子宮・卵巣がんと告げられたとき (岩波アクティブ新書 (94)) 」
まつばら けい (著), 大島 寿美子 (著)
・出版社 編集担当J.O, 2003/12/25
納得の医療を手にするために
本書は、婦人科がん患者が、自分にとって納得のいく治療を選び取るために、また病を得たあとも充実した人生を送るために、知っておきたいことを1冊にまとめたものです。現在の標準的な検査、診断、治療の内容はもとより、「がん」と告げられた衝撃に対応する方法、医師とのコミュニケーションをよりよくするための具体的な質問例、自分に合った治療法の選び方、治療後に起きうるリンパ浮腫や排尿障害、一人一人にとって異なる〈幸せな性〉を探すためのアドバイスまで、きめ細かく具体的に綴っています。婦人科がん当事者の方、ご家族や友人の方、一人でも多くの方にお読みいただきたいと願っています。
【本書の特徴】
・ 患者のネットワークや情報などによって、患者の自己選択、自己決定を支えます。
・ 病院で行われる検査の方法や意味がわかります。
・ あふれる医療情報をEBMに基づいて整理し、信頼できるものを厳選して、かつ公平に紹介しています。
・ 自分に合った治療を選ぶ基準となる標準療法がわかります。
・ 自分にとって必要な情報の探し方がわかります。
・ 医師とのコミュニケーションをよりよくするためのヒントも紹介。
・ リンパ浮腫や排尿障害など合併症・後遺症への対応、一人一人にとって異なる〈幸せな性〉を探すためのアドバイスなどを、きめ細かく具体的に書きました。
・ 巻末資料には、様々な情報源(治療法の選択や後遺症に関してなど)や、社会資源(「リンパ浮腫に対応する医療・治療機関」、「性の相談ができる機関」、患者会など)の役立つリストを満載。
【目次】
1 婦人科がん患者になるということ
子宮がん、卵巣がんと告げられたら/医師、病院選びは難しい選び/婦人科がん医療の問題点/安心・納得の医療を受けるには
2 婦人科がんの検査と診断婦人科がんとは何か/仲間はたくさんいる/検査の目的/検査を受ける前に知っておきたいこと/検査の流れ/検査はどのくらい痛いのか/診断の内容を理解する/細胞診の結果を知る/子宮頸がん細胞診「クラスIII」の意味を知る/子宮頸部異形成すなわちがん、ではない/組織診の結果を理解する/卵巣腫瘍の悪性・良性の識別は
3 納得できる治療法を選択するために婦人科がんのEBM/診療の標準化への努力/がんの評価を知る/治療方針を決める/婦人科がん手術の目的は何か/手術の種類を理解する/手術のリスクを知る/婦人科がんの放射線治療の方法を知る/放射線治療の副作用を理解する/放射線治療に関する専門医の見解/化学療法を受ける前に知っておきたいこと/抗がん剤が効く、とは?/抗がん剤の名前、投与量を知る/婦人科がんの化学療法に関する専門医の見解/子宮や卵巣、どこまで温存できる?/治療の選択肢(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん)
4 退院後の暮らし
リンパ浮腫でも、あきらめないで/排泄障害をケアする/卵巣欠落症状を癒すいろいろな方法/子どもを産めないことをどう受けとめるか/〈幸せな性〉を探して資料 参考文献・医療機関リスト・患者サポートグループ


「ホメオパシー癌のレパートリー―頭から足まで (ホメオパシー海外選書)」
ロジーナ・ゾンネンシュミット (著), 由井 寅子 (監修), 熊坂 春樹 (翻訳)
・出版社からのコメント
<監修者>由井寅子氏の「まえがき」より
『...したがって現代医学におけるように、癌組織を単に細胞分裂の無限の連続による物理的結果としてとらえて、患部を切除するという手段がどれほど有効なのか、あるいは放射線を照射するだけで済むのか、たとえ抗癌剤で癌が消滅したとしても根本的に治癒したと言えるのか、私たちは考えなければなりません。今や、医師のなかからも「癌は切っても治らない」という声が上がっているほど、従来の医学による手法は限界を露呈しています。
 癌は、さまざまな心的葛藤や食や環境汚染、予防接種などによる医原病によって複合的にもたらされた血液の濁りの最終形態であるという立場にこそ、今注目すべきなのです。このこと自体は、私たちホメオパスにとっては、ことさらにいうまでもない当たり前のことです。したがって、ホメオパシー医学における癌治療とは、医原病治療、心的葛藤の解放や感情の解放、臓器サポート、マヤズム治療、さらに食や生活指導を一体化して行われるものです。これらの複合的なホメオパシー的アプローチなくして、癌の根本治療は有り得ないと考えています...』
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。