スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児がん(小児癌・小児ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「なんくるないさぁ。―小児ガンに打ち克った少女の愛の物語」
吉野 やよい (著)
・内容(「MARC」データベースより)
ガンを宣告された10歳の秋。その日から、一匹の仔犬・レオが少女の生きる支えとなる。母親と家族と愛犬と走り抜けた闘病2000日。そして16歳の春、少女に奇蹟が起こった…。母の11か条つき。


「小児癌の患者管理ハンドブック―補助療法から患児家族支援までのプログラム」
Roberta A. Gottlieb (著), Donald Pinkel (著), 藤本 孟男 (翻訳), 小児癌・白血病研究グループ (翻訳)


「種まく子どもたち―小児がんを体験した七人の物語 (角川文庫)「
佐藤 律子 (編集)
・内容(「BOOK」データベースより)
「つらくても、苦しくても、それが生きてるってことだよね」「まわりの人がいて初めて、自分が生きていける」「みんな、ありがとう、ありがとう…」。がんという病に倒れた七人の子どもたちとその家族が、それぞれの闘いの日々をまっすぐな言葉で真摯に綴りました。「親って、こんなにも子どものことを心配するのかな」「死にたいと思っていた自分が恥ずかしい」。全国から多大な反響が寄せられた大ベストセラー、待望の文庫化。


「小児がん病棟の窓から」
迫 正広 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
子供を失うのは、未来を失うことである。30年間、死と生死が隣り合わせにある小児血液腫瘍の臨床に携わり、人間の生死の意味を問い続けてきた著者(マリア保育研究所長、前・大阪市立総合医療センター輸血部長)が綴った珠玉の随筆集。


「小児がんの子どもたちと生きる 」
毎日新聞小児がん取材班 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
小児がんは、治る-。絶望的な病ではないという事実を、多くの人に伝えたい。子どもやその家族たち、支えようとする人びとの感動の記録。毎日新聞社の小児がん征圧キャンペーンをもとにまとめる。


「小さな天使の同窓会―小児がんの子どもを支えた医師と母親たちの愛と感動の記録 (あいわヒューマンブックス)」
原田 律子 (著), 山本 由美子 (著), 井本 文子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
限りある命をひたむきに生きる小児がんの子どもにたいして親は、医師は、看護婦は何ができるのかを真摯に模索する人たちの愛と感動の記録!


「小児ガン病棟日記―ボク、天国でお母さんと会えるかな 」
貝瀬 久枝 (著), 飯山 信子
・内容(「BOOK」データベースより)
本書は、白血病のために10歳で逝った息子真人の、その2年4カ月にわたる壮絶な闘いの記録であり、けなげに痛みや苦しみに耐え続ける、小児ガン病棟の子どもたちの感動のレポートである。


「ママでなくてよかったよ―小児がんで逝った8歳 498日間の闘い (朝日文庫)」
森下 純子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
「ママ、教えてくれてありがとう。僕、絶対に死なないから、がんばるから大丈夫」―絶望的ながん(横紋筋肉腫)を告知する母と、それを真っ正面から受け止め、精一杯生き抜いた6歳の子。運命と呼ぶにはあまりにも壮絶な親子の闘病記。


「小さな勇士たち―小児病棟ふれあい日記 (NHKスペシャル―こども輝けいのち) 」
NHK「こども」プロジェクト (著)
・内容(「MARC」データベースより)
東京・聖路加国際病院の小児病棟では、小児ガンなどで命が危ぶまれる子どもたちへの「心のケア」を日々行っている。両親やスタッフのもと、周囲とふれあい、勇気をふりしぼって生きようとする子どもたちを描くドキュメント。


「あしたも明るい日であ~れ―ガン小児病棟からの祈り」
木村 勝美 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
脳腫瘍との闘いで、希望と絶望の日々を送っている13歳の少女、若山素子ちゃんとその家族。生きる勇気と感動を呼んだ、「女性セブン」連載のドキュメント。


「碧い夜明けに母となる―小児ガンとの闘いの記録」
浅野 多歌子 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
2歳の娘が小児ガンの宣告を受けた。歩くこともぎこちなくカタコトで話す幼い娘が、ある日突然病魔に冒された…。文歌ちゃんの小さな体に見つけたガンと闘う母親からすべての母親へ贈る感動の記録。


「小児がん病棟の子どもたち―医療人類学の視点から 」
田代 順 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
白血病や悪性リンパ腫などと闘う小児がん患児たちをフィールドワークし、患児同士、患児と親、患児と医師・ナースの相互作用の諸相を導き出し、病棟社会の関係構造を提示する。


「命とは、生とは、人生とは―小児がんと闘いつづけた医学生のわが子へ」
仲野 良介 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
医科大学1回生の秋、19歳で小児がんの一種に罹患していることが判明した息子。父であり医師でもある著者が、闘病の記録を通して、医学の現況、インフォームド・コンセント、末期医療など医の倫理を考える。


「きみからの贈りもの―小児がんとたたかった24人」
関 朝之 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
小児がん患者の7割が病を克服できる時代を迎えた。言い換えれば、患者の3割がこの世を駆け足で去っている。彼らのいのちの残照を求めて歩いた結果。『月刊がん-もっといい日』連載の「いのちの残照」に加筆・修正して刊行。


「いのちのバトンタッチ―小児がんで逝った娘から託されたもの」
鈴木 中人 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
本書は、小児がんで6歳の娘を失った父親が、娘の死後8年を経て、その発病から11年にわたる想いを綴った涙と感動、いのちの再生の手記です。前半は、娘(恵子ちゃんを)と家族の闘病の様子が綴られています。後半は、娘に先立たれた”逆縁”の悲しみ、苦しみにを噛み締めながらも、小児がんの支援活動、新たな人々や言葉との出会いなどによって次第に立ち直り、娘から託された”いのちのメッセージ”を確信するに至までの心の軌跡が綴られています。 いのちの大切さ、生きる意味、家族の絆、人間愛、医療の原点をテーマとするまさに感動の1冊


「小児ガンのABC―一般の方、保護者、学生、医療者に向けたわかりやすい小児がんの話」
太田 茂 (編さん)


「小児がん経験者の長期フォローアップ 」


「がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉」
山崎 敏子 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
ユーイング肉腫という小児がんと闘って亡くなった愛息・直也くんが、病床で語り続けた言葉を中心に母・敏子さんが綴る壮絶闘病記。病魔と正面から向き合いながらも、家族への思いやりを忘れず、懸命に生き抜いた9年。
小児がんの中で、10万人にひとりといわれるユーイング肉腫を5歳で発病、その後5度の再発、4度の手術を経て、9歳という短い生涯を閉じた山崎直也くん。つらい治療や苦痛に耐えながら、病床で母・敏子さんに様々な言葉を語り続けました。本書は、敏子さんが綴った、それらの言葉の数々を中心にした壮絶な闘病記です。亡くなる直前まで決して諦めなかった生への執念、最期まで忘れることのなかった両親や弟への思いやりに溢れています。おかあさんをして、「わが子に生きる勇気を教えられた」と言わしめた、それらの言葉の数々は感動を与えてくれます。直也くんのことを伝えた新聞でも話題を呼び、また月刊文藝春秋に寄せた著者の手記は、「第63回文藝春秋読者賞」を受賞しています。


「小児がん患児の心理的問題」
泉 真由子 (著)


「闘いの軌跡―小児がんによる子どもの喪失と母親の成長」
戈木クレイグヒル 滋子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
従来、闘病体験や悲嘆過程は家族にとってネガティブな体験で、「立ち直る」あるいは「元の状態に戻る」プロセスが研究の対象とされることが多かった。しかし、子どもを小児がんで亡くした母親たちへの聞き取り調査を続ける中で、著者はネガティブな側面だけに注目するのでは母親たちの経験全体を描き出したことにはならないのではないかと考えるようになった。本書では、母親たちが闘病体験や悲嘆過程の中で起こってくる困難な状況に対処するありさまを一つひとつ丹念に取り上げ、母親の内面で何が起こっているのか、それがどのように変化して状況が変わってくるのかが検討されている。また、著者がこの研究の結果をもとにして、1996年から行なっている短期集中型サポートグループの方法が具体的に紹介されている。


「子どもの成人病―小児ガン・動脈硬化・糖尿病など (健康双書 555) 」
佐々木 正美 (著), 藤沼 勝海 (著)


「小児ガンとたたかう―医師と記者の証言」
水野 肇 (編集)


「小児腫瘍組織分類図譜〈第1篇〉小児肝癌・腎芽腫・神経芽腫群腫瘍」
日本病理学会 (著)


「大腸ガン・アトピー性皮膚炎・頭痛・小児ぜんそく・子供の肥満 (元気診断)」
・内容(「BOOK」データベースより)
日本テレビで話題の健康ガイド番組、「木内みどりの元気診断」が本になった。今の医療技術で病気はどこまで治せるかを、東京女子医科大学・第一線の名医たちが語る。


「小児がんと看護 (看護MOOK (30))」
斎藤 礼子


「子どもの死因と食生活の対策―どこでくいとめられるか奇形と小児ガン 」
田村 豊幸 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
・子どもの死因の上位に位置するものに事故・奇形・ガン(白血病)…があります。また、1950年・60年・70年と死産児の先天性異常が増加しています。そのいずれもが食べものが原因で起こっています。妊娠前の女性、妊娠中や子育て最中のおかあさん、子どもの砂糖のとりすぎがめぐりめぐって胎児や子どものからだに深刻な影響をおよぼしているのです。子どものからだや食事を総合科学の視点でとらえ、健全な食環境による健全な成長を!


「誕生前の死―小児ガンを追う女たちの目」
綿貫 礼子 (編集), チェルノブイリ被害調査・救援女性ネットワーク (編集)
・内容(「BOOK」データベースより)
チェルノブイリの子どもたちにいま何が起っているか。その生命環境を問う。小児ガン研究の最先端、アリス・スチュワート博士(イギリス)、野村大成博士(日本)、オリガ・アレイニコワ博士(ベラルーシ)ら“放射線障害”の本来的意味を語る。


「小児がん患者への精神的ケア―実践報告を中心として」


「難病(小児ガン)からの生還―この子らに奇蹟を見た エナジー水の驚異的効果を検証する」
田山 淳 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
死まで覚悟した母と子を立ち直らせたものは何か! ついに医療現場もπウォーターをさらによくした「エナジー水」の不思議な現象に注目。
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。