スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺がん(甲状腺癌・甲状腺ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「甲状腺がんなんて怖くない―専門医が本音で語る甲状腺の病気のすべて」
杉谷 巌 (著), 前野 一雄 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
甲状腺がんの殆どは命の心配がない「怖くない」乳頭がん。経過観察という方法も含め、患者ごとに最も望ましい診療を実践している癌研究会附属病院の専門医による、甲状腺のあらゆる病気の最新治療ガイド。


「からだに寄りそう―がんと暮らす日々」
波多江 伸子 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
がんの再発、糖尿病とのつきあい、病に寄りそい日常を愉しむ…「闘わないためのもうひとつの闘病記」自ら二度のがんを経てたどりついた独自の身体観、両親を在宅ホスピスで看取って覚えた病と死との和解術を医療倫理の専門家が語る。


「甲状腺癌取扱い規約」
甲状腺外科研究会


「肺癌・頭頸部癌・甲状腺癌 取扱い規約 抜粋 3版」
金原出版編集部 (編さん)


「甲状腺」
坂本 穆彦 (編集)


「乳腺・甲状腺外科Practical Discussion (1)」
神奈川県乳腺甲状腺外科研究会 (著)


「ホメオパシー癌のレパートリー―頭から足まで (ホメオパシー海外選書) 」
ロジーナ・ゾンネンシュミット (著), 由井 寅子 (監修), 熊坂 春樹 (翻訳)
・出版社からのコメント
<監修者>由井寅子氏の「まえがき」より
『...したがって現代医学におけるように、癌組織を単に細胞分裂の無限の連続による物理的結果としてとらえて、患部を切除するという手段がどれほど有効なのか、あるいは放射線を照射するだけで済むのか、たとえ抗癌剤で癌が消滅したとしても根本的に治癒したと言えるのか、私たちは考えなければなりません。今や、医師のなかからも「癌は切っても治らない」という声が上がっているほど、従来の医学による手法は限界を露呈しています。
 癌は、さまざまな心的葛藤や食や環境汚染、予防接種などによる医原病によって複合的にもたらされた血液の濁りの最終形態であるという立場にこそ、今注目すべきなのです。このこと自体は、私たちホメオパスにとっては、ことさらにいうまでもない当たり前のことです。したがって、ホメオパシー医学における癌治療とは、医原病治療、心的葛藤の解放や感情の解放、臓器サポート、マヤズム治療、さらに食や生活指導を一体化して行われるものです。これらの複合的なホメオパシー的アプローチなくして、癌の根本治療は有り得ないと考えています...』


「ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間 (ノンフィクション・隣人たちの哲学)」
菅谷 昭 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
1986年4月26日。チェルノブイリ原子力発電所で史上最悪の爆発事故が起きました。放射能に汚染された土地では、小児甲状腺ガンが増えつづけています。「ここで、ぼくの医療技術が役立つかもしれない!」現地の悲しい状況を知った菅谷昭医師は、ひとり、ベラルーシで暮らしはじめます。そこで菅谷医師が出会ったのは、病気や放射能への不安を抱えながらも、自分の命を大切にし、明日への希望を胸に、精一杯生きているこどもたちでした。
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。