スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食道がん(食道癌・食道ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

夫と食道癌―たった一口のアイスクリーム (単行本)
一井 愛子 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
夫婦の絆、愛族愛、とは何かを問いかけ、末期癌との闘いを淡々とした筆致で描くドキュメント。夫を食道癌で亡くした妻の病院での看護記録。

内容(「MARC」データベースより)
夫を食道癌で亡くした妻の病院での看護記録。夫婦の絆、家族愛とは何かを問いかけ、末期癌との闘いを淡々とした筆致で描くドキュメント。著者の短歌と俳句の作品も収録。


風に吹かれて―一開業医の食道ガン病床雑記 (単行本)
久賀 征哉 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
進行性食道ガンの発病、入院、手術、転移、抗ガン剤治療―遠からぬ死を眼前に見据え、痛みを恐れ、自己の無限の消滅に怯え、なお「恬として生き、淡として往く」ため、残された時をかけ生の意味を問う。医師として患者として病床で綴った畢生のドキュメント。

内容(「MARC」データベースより)
進行性食道ガンの発病、手術、転移、抗ガン剤治療-。遠からぬ死を眼前に見据え、痛みを恐れ、自己の消滅に怯えつつ、残された時をかけ生の意味を問う。医師として、患者として、病床で綴った畢生のドキュメント。


いちばん新しい食道がんの本 (名医が答える) (単行本)
幕内 博康 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
自覚症状や検査、治療法の最前線から手術後の問題まで患者さんや家族の知りたい素朴な疑問に食道がん治療の名医が痒いところに手が届くように答えます。

内容(「MARC」データベースより)
食道がんの自覚症状や検査、治療法の最前線から手術後の問題まで、患者や家族の知りたい素朴な疑問に、長年にわたって現場で積み重ねた知識とノウハウにもとづいて痒いところに手が届くようにQ&A形式で答えます。


防ぐ、治す食道ガンの最新治療 (健康ライブラリー イラスト版) (単行本)
大津 敦
内容(「MARC」データベースより)
初期症状がなく、発見しにくい食道ガン。けれど治療法は進歩しつつあります。生存率も上昇し、早期ガンなら完治します。たとえ転移がみつかったとしても手はあります。手術から最新治療法まで名医が丁寧に解説した治療ガイド。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大津 敦
国立がんセンター東病院内視鏡部長。1958年茨城県生まれ。83年東北大学医学部卒業。いわき市立総合磐城共立病院消化器内科医長、国立がんセンター東病院内視鏡部消化器科、同病棟部5A病棟医長、同内視鏡部消化器科医長を経て、同治験管理室長(併任)、2002年より現職。その間に米国MD Anderson Cancer Centerにて研修。専門は消化器内視鏡・消化器腫瘍内科学。「消化器悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究班」ほか厚生労働省研究班主任研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


食道癌診断・治療ガイドライン 2007年4月 (2007) (単行本)


臨床・病理 食道癌取扱い規約


食道外科の要点と盲点 (Knack & Pitfalls) (単行本)
幕内 博康 (編集), 幕内 雅敏
内容(「BOOK」データベースより)
一般的な手術書にないようなこと、重要であるが理解しにくいこと、日頃から疑問に思っていること、あるいは、なかなかうまくいかない手術手技の細かい点などについて網羅。また、最近注目されている内視鏡的手術、内視鏡下手術も網羅した。さらに、術前・術中・術後管理についても幾つかのコツを示した。術後合併症をいかに避けるか、合併症を起こしてしまったらどうしたらよいかなどが載っている。食道癌の化学・放射線療法、術後の経過観察、標本整理、分子生物学的アプローチ、食道癌取扱い規約などの諸問題も取り上げた。

内容(「MARC」データベースより)
食道疾患として代表的な食道癌をはじめ、今注目されているGERD、Barrett食道、食道アカラシア、食道静脈瘤、食道憩室、特発性食道破裂などについて、診断から治療までの一貫性を重視し、その正しい知識をまとめる。


消化器癌化学療法-食道・胃・大腸 (単行本)
出版社/著者からの内容紹介
食道癌・胃癌・大腸癌のKey Drugsやエビデンスレベルの高い化学療法をコンパクトに解説.また,化学療法を理解するための腫瘍学,抗癌剤による副作用とその対策,消化器癌患者への栄養療法・緩和医療,臨床試験等も解説.各項目のポイントを箇条書きで解説した本書は,消化器癌領域のプロフェッショナルを目指す医療者に必携一冊.


挫けざる日々―私の食道癌戦記 (単行本(ソフトカバー))
秦 豊 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
ニュースキャスターから参議院議員に転じ国会の一匹狼として活躍した著者が、食道癌を宣告されたのは二年半前。入院・手術・放射線治療の日々の赤裸々な記録。巻末に五味川純平、向田邦子、石垣綾子、青木日出雄、佐伯洋氏らとの交遊録を付した。

内容(「MARC」データベースより)
ニュースキャスターから参議院議員に転じ、国会の一匹狼として活躍した著者が、食道癌を宣告されたのは二年半前。入院・手術・放射線治療の日々の赤裸々な気持ちを綴った記録。〈ソフトカバー〉


食道表在癌―画像診断と病理
吉田 操
内容(「MARC」データベースより)
早期診断が困難といわれる食道癌。しかしこの10年の間に食道癌の早期発見の診断学が急速な進歩を遂げた。最新の上皮内癌・粘膜癌診断の研究結果をふまえ、食道癌の新病型分類、早期診断の展望について解説する。


食道癌治療の最前線 (消化器病セミナー) (単行本)
幕内 博康 (編集)


食道癌の外科治療マニュアル (単行本(ソフトカバー))
遠藤 光夫, 河野 辰幸, 永井 鑑
内容(「MARC」データベースより)
従来より「治りにくい癌」の一つとされてきた食道癌。診断面での早期診断法の確立、手術手技や周術期治療の進歩など、死亡率・術後遠隔成績の向上がはかられている治療の実際を、マニュアルとしてまとめる。〈ソフトカバー〉


ガンは宿命癒しは運命―闘って克つ新・夫婦養生訓 (単行本)
関根 進 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
夫婦でつかんだ「おもいやり養生法」。漢方療法と食餌療法、そして人の心がガンを抑え自然治癒と生きる勇気をもたらした。本書は『母がボケ、俺はガン』という癌病棟脱走記に続く、それから一年間の闘病始末記である。

内容(「MARC」データベースより)
ガン病棟脱走から一年。宿命と運命に頭をゴツンゴツンとぶつけながら編み出した、中年夫婦の「癒しの養生訓」。日経BP社99年刊「母はボケ、俺はガン」に続く、それから一年間の闘病始末記。


食道癌 (新 癌の外科―手術手技シリーズ) (大型本)
加藤 抱一 (編集), 国立がんセンター (編集), 垣添 忠生
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
垣添 忠生
国立がんセンター総長

加藤 抱一
国立がんセンター中央病院臨床検査部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


ごめんね、英ちゃん―食道癌で死んだわが子・松山英太郎追想 (単行本)
松山 重子 (著)


食道癌診断マニュアル (単行本)


早期食道癌内視鏡ハンドブック (単行本)
幕内 博康 (編集)
内容(「MARC」データベースより)
検査のコツ・注意点や内視鏡像の見方、診断の考え方、内視鏡的治療手技などを写真、シェーマを多用してビジュアルにわかりやすく示したハンドブック。
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。