スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がん(肺癌・肺ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「あなたの癌治療の不安に答える - 肺癌 - (あなたの癌治療の不安に答える)」
平岩 正樹 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
肺癌は日本人男性の癌死の1位。『がんのWeb相談室』の中から肺癌に関する内容をステージ別、症状別に相談と回答を系統立ててまとめる。あなたの症状に近い質問・回答が見つかります。「あなたの抗癌剤治療の実力判定」付。


「肺癌のすべて」
監修 工藤翔二(日本医科大学教授)
編集 江口研二(東海大学教授) 横井香平(名古屋大学助教授) 弦間昭彦(日本医科大学助教授)


「EBMの手法による肺癌診療ガイドライン」
日本肺癌学会 (編集)
・内容(「BOOK」データベースより)
診療別ガイドラインとして、診断、化学療法、放射線治療、外科治療として診療全般を網羅しつつ、最近のトピックである、術前術後併用療法、中心型早期肺癌の2テーマを加えた。


「肺ガンの最新治療 (健康ライブラリー) 」
浅村 尚生 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
難敵肺ガンに立ち向かうベストの方法を選ぶ
日本人の死因の3分の1はガン、中でも肺ガン死は年間5万5千人も。しかし希望はあります。原因の3分の1を占めるタバコをやめる。そして早期発見、早期治療に努めれば生存率は高まります。CTの進歩による早期発見、放射線と抗ガン剤による集学的治療、ガン細胞だけを攻撃する新しい抗ガン剤などが助けます。
●肺ガンは治りにくい
●症状はなかなか出にくい
●検診――最近はCTが威力を発揮
●治療は手術、放射線、抗ガン剤で
●手術例の多い病院を選ぶ
●主治医と良い関係を
●QOLを高める緩和医療とは


「肺がん―最新治療法のすべて 」
末舛 恵一 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
日本人のがん死亡のトップに躍り出た「肺がん」。治療が難しいがんの一つとされる肺がんの、自覚症状は? 検査の方法は? 最新治療法は? どんな手術が行われるのか? 放射線療法とは具体的にどのように行われるのか? 抗がん剤の副作用はどの程度深刻なのか? 再発したらどのような治療法があるのか? 肺がんはいったい、どこまで治るのか? など、患者とその家族がぜひ知りたい「肺がん治療のすべて」を、日本の肺がん治療の最高権威が、一般の人にもわかりやすく解説した初めての本。ついに待望の出版。 本書の内容プロローグ・肺がんと診断されたばかりのあなたへ 第1章・日本人にふえつづける肺がん 第2章・肺がんを早期発見するために心がけるべきこと 第3章・肺がんかどうかの診断はこうして進められる 第4章・肺がんはこのように分類される 第5章・肺がんの最新治療 第6章・再発肺がん、進行がん、転移がんとその治療 第7章・肺がん患者とその家族のかたへ 第8章・肺がんを予防するために励行すべきこと 第9章・肺がんに関する気がかり、不安にお答えします 肺がんを正しく理解するための医学用語小事典


「肺ガンとの闘い方―告知されてもあきらめない!最新治療法から免疫力強化法、賢い予防法まで」
小島 重信 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
治療が難しく死亡数も増えている肺ガンの最新治療法と予防法を解説。最近問題のアスベストによる肺ガン・中皮腫、肺ガンの要因ともなるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、EBM手法による最新治療法から宇宙エネルギー療法による免疫力強化法まで、肺ガン克服法を網羅。


「肺癌 (新 癌の外科―手術手技シリーズ) 」
土屋 了介 (編集), 垣添 忠生


「負けてたまるか―肺ガン刑事の長生き奮闘記 」
腰原 常雄 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
「あと3年の命」の宣告から30年。手術で声を奪われた45歳の警部は退職勧告を拒否し職場に復帰。再発の不安のなか数々の大事件を解決。捜査一課長まで務めあげた。これまで入院7回、手術3回。平成10年第二回NHK自分史文学賞優秀賞受賞。


「臨床・病理肺癌取扱い規約」
日本肺癌学会
・内容(「MARC」データベースより)
肺癌の組織分類、手術記載、X線像分類、TNM分類など、肺癌の研究、診療の各領域における取り決めをまとめる。最新の知見を盛り込んだ、1999年刊に次ぐ改訂第6版。


「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ―若き医師が死の直前まで綴った愛の手記」 (祥伝社黄金文庫)
井村 和清 (著)
・出版社 / 著者からの内容紹介
あの105万部のベストセラー、ついに文庫化!
母から娘へ読み伝えられる感動の遺稿集
「死にたくない。生まれてくる子の顔を見たい……」不治の病に冒された青年医師が、最後まで生きる勇気と優しさを失わず、わが子と妻、両親たちに向けて綴った感動の遺稿集。22年の時を経てもその輝きは変わらない。
夫の遺稿集は娘が嫁ぐその時に…… 井村倫子(みちこ)
現在、長女二十四歳、「まだ見ぬ子」次女は、二十二歳です。私は父親のことはめったに話したことはございません。かと申しましても父親の存在を拒んだわけでもありません。小学校生までは「パパにおやすみのごあいさつは?」青磁の壺のお骨にむかい「パパはあなた達のそばにちゃんといますよ」と話していました。私は娘達にどうこう教えるのではなく、彼女達は彼女達の環境の中で人様に迷惑をかけず何ごとも努力すればよいことだと思っています。夫の遺稿集は娘達が嫁ぐその時、もたせたいと思っております。(文庫判のための「はじめに」より)


「東大のがん治療医が癌になって ああ無情の勤務医生活」
加藤 大基 (著), 中川 恵一 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
 私は、放射線治療を中心としたがん治療を行っている勤務医で
す。昨年5月、34歳で原発性肺癌(腺癌:Stage 1A)と診断されました。きっかけ
は、外勤先のクリニックで、たまたま撮影した胸部レントゲン写真でした。出
来上がったフィルムを見て、左下肺野に1.5cm大の腫瘤影があり、仰天しまし
た。転移性がんも考えられましたが、その後の精査で、幸いにも他病変はなく、
肺原発の病変ということが分かりました。病理検査も兼ねた手術を東大病院呼吸
器外科にて受け、正式に原発性肺腺癌Stage 1Aの診断が下りました。5年生存率
は75~80%程度ですが、現在のところ無再発生存で、術後1年経過しています。
▽▼▽私の上司である東大放射線科の中川恵一准教授より、「がん治療を行う
者が30代前半の若さでがんとなり、しかも自己発見をしたということは貴重な
体験であるから、社会にその経験を還元する必要がある」と、今回の体験に関す
る本の執筆を勧められました。
▽▼▽がんの自己発見から精査、手術、術後に至るまでの過程と、検査結果から
鑑別診断を除外する過程など、自分の医者としての経験に基づくがん患者として
の体験を綴りました。日本国民の2人に1人は罹る「がん」という病気を、身近
な問題として多くの人に考えてもらいたいとの思いと、更には本来身近であるは
ずの自分の死を意識して生きるということの必要性とを、自分の医者としての
経験にも基づいて書いております。
▽▼▽一時期のメディアによる医者叩きは、ある程度は沈静化しつつあるようで
すが、個人的実感としては、まだまだ世間の認識とのギャップを感じずにはいら
れません。つい先日も、知人の地方公務員に、「医者は給料がよくて、いい生活
ができていいよなぁ」と、面と向かっていわれることがありました。世間の多く
の人は、一昔前の羽振りの良かった頃の開業医と、現在の勤務医を同列に考えて
いるように感じます。勤務医の給料はもとより、夜間・休日の呼び出しの実態な
ど、理解されていないことが多すぎるように感じています。自分が勤務医として
働いての実感、とりわけレジデントの生活について、少しでも世間に知ってもら
いたいと思い、そこの部分にもかなりの紙幅を割きました。
▽▼▽放射線科治療部門に関しては、あまり知られていないかとも思いますが、
市中病院だと2-3人体制であり、病棟当直の割り振りもままならず、卒後20年
を過ぎても主治医が常にファーストコールという現状があります。がんのエン
ド・ステージの方も多く、夜中・週末も病院から離れられないことも少なくあり
ません。小児科・産婦人科・外科系など、ほかの多くの科では、さらに大変な状
況だと察します。
▽▼▽勤務医なら誰しも経験しているであろう、病棟からの無制限の呼び出しは
勿論、院内のメッセンジャー代わりの薬剤運びやカルテ運び、患者さんの搬送な
ど、多くの雑用が医者に押し付けられている現状を変えるには、世間にもっと勤
務医の実態を知ってもらう必要があると考えています。
▽▼▽私は、医者は医者にしかできないことをするべきであり、先ほど述べたよ
うな雑用をする時間を、患者さんを少しでもよくするための勉強をする時間にあ
てるべきだと思っています。そのためには、コメディカルを含めた人員増加や、
医療費増加を行うべきであると考えています。
▽▼▽少しでも日本の医療をよくするためにも、医者・患者は勿論、患者予備群
の全国民が出来ることをするべきだと思います。末端の一勤務医が訴えるには、
少々差し出がましいことではありますが、むしろ末端の人間だからこそ分かる現
場の実態を、自分の経験を具体的に挙げながら提起したつもりです。
▽▼▽不幸にも若くして癌になった私は、今回、勤務医の激務の実態を世間に対
して訴える機会を得ることができました。このような機会を与えてもらった私
は、勤務医の劣悪な労働環境を世間の多くの方に知らせる義務があると考えまし
た。日本の医療を少しでも良くするためには、まずは勤務医の過重労働を改善す
るべきであるとの主張を述べています。がん患者の心境及び勤務医の労働実態
を、広く知ってもらえればと考えております。
▽▼▽全国の勤務医の皆様に、少しでもご共感をいただければ、幸甚に存じま
す。(MRICインタビューより)


「最新化学療法レジメン 肺癌―癌研有明病院」
宝来 威 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
実際に肺癌の化学療法を担当している医師で構成された執筆陣が、日常行っている肺癌に対する抗癌剤による化学療法を、レジメンごとの投与法やその際の注意点や工夫も記載しつつ、具体的に簡潔に記述する。


「33歳ガン漂流ラスト・イグジット」
奥山 貴宏 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
オレを覚えていてほしい…。余命宣告期限プラス2ヶ月。ガンと闘いながら、書くことに命を燃やし続けた男が逝った。「32歳ガン漂流エヴォリューション」から亡くなる間際まで、力をふり絞り残したものをブログ中心に編集。


「専門医が語る肺がんがわかる本―検査・治療・緩和ケア 患者と家族が知っておいてほしいこと」
浅村 尚生
・内容(「MARC」データベースより)
肺がんの知識と予防、検査法、自覚症状、治療法の選択等、患者と家族の気になる疑問と不安に答えます。治療後のフォローアップ、緩和ケア、治験等の内容も紹介。国立がんセンターの最前線で活躍する5人の医師による総力執筆。


「31歳ガン漂流」
奥山 貴宏 (著)
・内容(「MARC」データベースより)
自分がガンになるなど想像もせず、気ままに過ごしていた日々に、突如「肺ガン」という事実がふりかかってきた。もちろん、ガン細胞とは闘う。でも、オレの日常はガンには譲り渡さない-。そんな日々を赤裸々につづる日記。


「32歳ガン漂流 エヴォリューション 」
奥山 貴宏 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
余命10ヶ月?それがどうした!?オレは今、生きてるぜ。Web、テレビで大反響の新型闘病記『31歳ガン漂流』から1年ますます熱い日々。

「続・「AHCC」はなぜ効くのか―ガン治療医14人の証言」
村尾 国士 (著), 現代書林「AHCC」取材班 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
現場で日々苦悩する医師たちが語る「AHCC」の本当の治癒力!全国600ヵ所―これがいま、抗ガン食品「AHCC」を実際の医療現場で使っている病・医院の数である。機能性食品を超える機能性食品「AHCC」の治癒力を、これほど雄弁に物語る数字はほかにあるまい。
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。