スポンサーサイト


ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃がん(胃癌・胃ガン)関連書籍


ガン治療に最も効果的な食事法

「心配しないでいいですよ 再発・転移胃がん 」
山口 俊晴 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
胃がんの再発・転移をいたずらに怖がらず、戦おうとしている患者さん・家族のための本。がんの診断・治療に長い伝統を誇る癌研有明病院消化器センターのスタッフが執筆。


「前に向かって―胃ガン、それからの一年」
澄川 芳夫 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
突然の胃ガン発見から全摘手術、そして、それからの一年を淡々と綴る。


「胃がん治療の正しい知識―適切な治療を受けるために 」
山田 哲司 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
医師から癌の宣告をされたとき、動揺から立ち直り、いざ治療を受ける時になって、癌治療にはどのような方法があるのか、その方法のよい点と悪い点は何なのかと疑問がわいてきます。そんな疑問に答える解説書。胃癌編。


「決定版!がん「余命3カ月」から完治!〈パート1〉日本人の三大がん(胃がん、肺がん、大腸がん)」
桜井 一正
・内容(「BOOK」データベースより)
日本人に多い3つのがん(胃がん、肺がん、大腸がん)の最新情報と、生還した30人のよろこびの声を収録。家族はがん患者とどう接したらよいのか?医師とのつきあい方は?がん患者とその家族の不安を解消し、生きる力を取りもどす一冊。


「生きて、還りぬ。―がん院長、進行胃がんを友に14年 」
原 啓一 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
手術する側からされる側に――。進行がんを克服し、がん最前線に復帰した著者が、患者として、患者・家族の哀歓にふれ、医師として、そしてホスピス運動家として、がんとの付き合い方を見つめる。


「胃がんと大腸がん (岩波新書)」
榊原 宣 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
日本人に圧倒的に多い胃がんと、近年ますます増えてきた大腸がん。二つの消化器がんの特徴、発がんのしくみや原因から、最新の診断法、治療の最前線までを、症例をまじえてわかりやすく解説。さらにがんの告知や終末医療などの課題にも、臨床医学の立場から言及する。


「胃がん治療のすべて―胃癌治療ガイドライン対応版」
笹子 三津留 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
がんという病気は、命にかかわるかもしれない病気です。だからこそ、真実を知り、自分の人生とどうかかわってくるのかを十分理解しておく必要があります。この本は、がんにかかった患者さんと家族が、今の病状を自分のペースでゆっくりと理解し、さらにくわしいことを医師に質問できるようにするために作られました。またこの本は、日本胃癌学会の「胃癌治療ガイドライン」にほぼ対応していますので、全国どこでも安心して使っていただけます。じっくり読んでいただき、あなたと主治医の相互理解に役立ててください。


「胃がん治療ガイドラインの解説―一般用2004年12月改訂―胃がんの治療を理解しようとするすべての方のために 」
日本胃癌学会 (編集)
・内容(「MARC」データベースより)
施設によってかなりの差がみられる胃癌の治療方針。病気の進み具合に応じて、標準的な治療として日常行われるべきものをガイドラインとして示す。2001年刊に次ぐ、2004年12月改訂版。


「胃ガンのすべてがわかる本 (The stomach cancer book) 」
矢沢サイエンスオフィス (著), 久保田 哲朗 (著), 米村 豊 (著), 吉田 和彦 (著)
・出版社/著者からの内容紹介
胃ガンの第一線専門家が執筆&監修。久保田哲朗 慶應義塾大学医学部外科学教授・同大学病院包括先進医療センター/吉田和彦 東京慈恵会医科大学外科助教授・同大学附属青戸病院副院長/米村 豊 静岡県立静岡がんセンター副院長。
最新治療のあらゆる選択肢を網羅。早期胃ガンに期待できる完全治癒。基礎的な疑問・生命に関わる疑問・医師に聞けない疑問。
■胃ガン・31の疑問にスピード回答■図説:もっともくわしい胃の話 胃の役割/胃の各部の呼び方/胃壁の構造/胃ガンが生じる粘膜/他■胃ガンの基礎知識 胃ガンの形態的特徴/胃ガンの種類/胃ガンの病期/日本人と胃ガンの深い関係(統計)■胃ガンはどこまで予防できるか■胃ガンの検査と診断 スクリーニング検査/精密検査/ピロリ菌検査/他■最良の胃ガン治療法を選択する 現在の胃ガン治療の選択基準や治療の進め方など治療に関する考え方を解説■治療の実際:治療の方法と手順 内視鏡手術や開腹手術などすべての外科治療の方法(手技)/化学療法/免疫療法/緩和医療/他■スキルス胃ガンと腹膜播種の最新治療法 特徴・原因・診断・最新の治療法まですべてを網羅■胃の非上皮ガン 胃悪性リンパ腫/間質腫瘍(GIST)


「自らがん患者となって―私の胃全摘とその後:がん研究と臨床の明日に想いを致す」
杉村 隆 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
ひとは、自らのがんを知った時、何を感じ、何を考えるか。それが、がん研究の第一人者であった場合はどうか?本書は、自らの身体に起こっていることがらを、情感と知性とをあげて冷徹に解析し、研究と臨床に結んで行く、たぐいまれな精神の記録である。モンシロチョウからアポトーシスに与る物質をとり出してピエリシンと名づけ培養胃がんを死滅させたスリリングな研究の過程も、精神の劇のひとこまとして、ここに収められている。


「防ぐ、治す胃ガンの最新治療 (健康ライブラリー イラスト版) 」
笹子 三津留
・出版社 / 著者からの内容紹介
内視鏡的切除でOK?抗ガン剤の効果は?
治せる胃ガンが増えてきた!治療法のすべてを徹底解説。
【主なポイント】
●症状だけで、ガンの存在や進行度はわからない
●早期ガンと進行ガンの違いはガンが達した深さ
●ガンが深くもぐれば「転移」の危険性は高まる
●ごく早期なら「内視鏡的切除」でOK、転移の危険性が低ければ「縮小手術」が可能に
●進行ガンには、より広く取り除く「拡大手術」を
●手術後の通院は「7~8年」をめやすに
●化学療法(抗ガン剤治療)は効果と副作用をみながら慎重に


「それでもやっぱりがんばらない 」
鎌田 實 (著)
・内容紹介
“病”だけではなく、“こころ”も受けとめて癒す。
がんばらないけど、あきらめない、あたたかな医療を。
胃がんの父親を父らしく逝かせてあげたいと、懸命な介護をした母娘。「死にたい」と言いだした春さんの心を力づけたケアマネージャー。乳がんの女性が選んだ、夢をあきらめない治療。ベラルーシのタチアナ先生が子どもたちに言い続けた「だいじょうぶ、だいじょうぶ」。世界中の“いのち”を丁寧に生きる人たち──。“病”だけでなく、“心”も受けとめる優しい医療をめざして奮闘する医師のエッセイ集。


「続・「AHCC」はなぜ効くのか―ガン治療医14人の証言」
村尾 国士 (著), 現代書林「AHCC」取材班 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
現場で日々苦悩する医師たちが語る「AHCC」の本当の治癒力!全国600ヵ所―これがいま、抗ガン食品「AHCC」を実際の医療現場で使っている病・医院の数である。機能性食品を超える機能性食品「AHCC」の治癒力を、これほど雄弁に物語る数字はほかにあるまい。


「放射線ホルミシスが体にいい!―安全性で効果を徹底検証」
現代書林取材班 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
難病患者が殺到する、あの玉川温泉もホルミシス効果だった。


「ピロリ菌で分かった胃の新しい病気たち―胃炎から胃ガンまで、その原因の謎を解く」
大谷 克弥 (著)
・内容(「BOOK」データベースより)
ヘリコバクター・ピロリ(いわゆるピロリ菌)が初めて分離培養・同定されてから、わずか二十年足らずであるが、この細菌と胃十二指腸潰瘍や胃がんとの関連についての研究が飛躍的に進歩したことは周知の事実である。本書は、その分野で指導的立場にある研究者や臨床医を取材して書き上げられた、ピロリ菌に関わる現場に直結した最新レポートである。


「イラストレイテッド 腹腔鏡下胃切除術」
がんにおける体腔鏡手術の適応拡大に関する研究班 腹腔鏡下胃切除研究会 (編集)
・内容(「BOOK」データベースより)
腹腔鏡下胃切除術のすべてをビジュアルイラスト化。器具・基本手技からリンパ節郭清・再建法・合併症と対策まで、手順、コツ、pitfallをイラストで明快に解説する画期的アトラス。コマ割りによる術野展開で的確にポイントが理解できる。


「消化器癌化学療法-食道・胃・大腸」
・出版社/著者からの内容紹介
食道癌・胃癌・大腸癌のKey Drugsやエビデンスレベルの高い化学療法をコンパクトに解説.また,化学療法を理解するための腫瘍学,抗癌剤による副作用とその対策,消化器癌患者への栄養療法・緩和医療,臨床試験等も解説.各項目のポイントを箇条書きで解説した本書は,消化器癌領域のプロフェッショナルを目指す医療者に必携一冊.


「患者のために書いた最高の胃腸科肛門科ブログ」
大西 達也 (著)
・内容紹介
胃腸肛門病の専門施設で毎日診療を行っている東大医学博士が、日常と本音を綴ったブログを書籍化! 専門的な話、最先端医療、健康管理法などについてのマニアックな私見を、わかりやすく日々の出来ことを交えて提供します。


「Q&A知っておきたい胃がん質問箱106」
西条 長宏
・内容(「BOOK」データベースより)
胃がん患者さんの日頃の疑問・悩みに対してQuestion&Answer形式でお答えし、だれにでもよくわかるように懇切丁寧に解説。簡潔で読みやすく、しかも専門書と同等の高度な学問的データを必要かつ十分に掲載。Answerの根拠(evidence)として豊富な図表を引用。内容の信頼性を高めると同時に胃がんという病気の理解が一層進む。掲載された豊富な研究データは、医療スタッフの研究活動の一端も担えるように配慮。患者さんが遭遇するであろうさまざまな治療や状況を具体的に解説。胃がん治療において重要なインフォームド・コンセントの場で、医療スタッフと患者さんとの円滑なコミュニケーションが可能となる。「キーワード解説」を巻末に掲載。一見難しそうな専門的な用語もラクに理解できる。主な「がん患者の会、患者支援団体」の連絡先リストを巻末に掲載。さまざまな悩みごとの無料電話相談、患者さん同士の交流・情報交換のためのスグに役立つ。
 
当サイトは様々な病気に関連する書籍の紹介を目的としています。病気になった方、病気の疑いを持っている方は、参考になる書籍を探してみてください。闘病生活には適切な情報が不可欠ですので、どれだけ良質な知識を得られるかということは重要な問題です。医療ミスも取り沙汰される昨今、病院選び一つでも気を抜くことはできません。名医の探し方や基本的な症状、治療の方法や手術など、病気の数だけ疑問はあるはずです。それらの疑問を解消するための方策として、医師への相談が挙げられますが、医師の言いなりというのも心許ないものです。確かな知識を得てから話し合うことができれば、より高度な内容に触れることもできますし、場合によっては主治医を変える必要があることに気付くこともできます。

闘病記であれば、他の方の症状の経過や心の持ちようを知ることで、自分の参考にすることもできるでしょう。闘病記に勇気付けられたり、励まされたりということも少なくありません。同じ病気と戦う患者さん同視の交流というのは多くありませんので、闘病記で生の声に触れてみてはいかがでしょうか?健康な時には気に求めなかった言葉が、今なら深く心に響くこともあるはずです。闘病記を通して、健康のあり難さを改めて考えてみるのも意義深いことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。